おいちゃんの休日サイクリング(ブログ)

自転車や環境についていろいろ書きたいと思います

がんばりました神奈川BRM922長野600Km(4)

その3より続きます

富士川を越えて最後のPCに到着。
ここでももう誰もいないかと思っていましたが鉄人さん、sakakazeさん、千葉から参加のHさんがいらっしゃいました。
一人だと喋ることもできないし寂しがりの私には3人も参加者がいてうれしかったです。

食欲は無かったのですがとにかく食べないといけないので鉄人さんの真似をしてざるそばを。それから途中の補給用にバナナとおにぎりをザックに詰めます。

おっと、ここからはナイトランの準備が必要。eneloopを入れたLEDライトは暗くなっちゃいました。え~一晩で!パワー切れになるとは思いませんでしたが初回充電でしたからもう一度試さないと。とりあえず電池を購入して交換しておきます。

さあ、最終区間のスタートです。

ここから道がややっこしいのでといわれる鉄人さん(関西の方です)と2人でゴールを目指します。

まずはフラットな松原を気持ちよく、のはずですが結構強い向かい風です。まあ、足も回るのでいいでしょう。ゴールまで6時間45分(レシート時間より)、これで106Kmを走れば23時までに輪行袋を受け取れます。

国道1号に出たところでミスコース、県道22号に入るところを見落としました。2~300mのロスで復帰です。頼りない案内人です(笑)

この後の道は戸惑いました。だって路地ですよ~これ。

さあ、御殿場へののぼりに入ります。この登りって普通に市街地のまま登りに入るんですね。途中合流したsakakazeさんの後を追走しますがき・つ・いです。市街地を走っていてダウンというのも情けないですがこのまま付いてゆくとつぶれそうなので鉄人さんに”マイペースにします”、sakakazeさんには先行してくれるよう告げます。

それでもしばらくは千切れるタイミングが無くそのままのフォーメーションで走っていましたがコンビニを見つけたところ(道路の反対側でしたが)で休憩です。

本当に登りに弱い私。そういえば鉄人さん、その呼び名の理由がわかりました。絶対自分から休憩ということは有りませんしペースダウンの依頼も無いです。余裕で走っているとも見えませんのでそのかもし出す雰囲気から鉄人さんです。

ちょっとヘタリ気味の私にエアーサロンパスまで気を使っていただき感謝です。
(でも、会社の上司だったら怖いかも・・・)

ここで時間内にゴールするためには残り距離が76Km、そして時間は4時間。記憶違いかなあ、でも二人で話した覚えがあります。

鉄人さんが、”これは普通無理な時間ですよ。”といわれます。確かにそうなんですが。

この後数キロ上り続けようやくピークを越えると長い下りです。どこから連結したか忘れましたが3人でハイペースで下り続け246号線に合流です。

ここから、今日はそれ程混んでいないので自動車で走るのにちょうどいい具合の246号線でした。つまり自転車の横を猛スピードの車が走る怖い道。

少しでも車に抜かれる回数を減らし一刻も早く抜けたくて無理しちゃいます。旧道に入ったら休憩、のんびり。また246号線では全力でした。

最後に246号線に入った時には力尽きて登り坂、走る力がなくなっていましたがちょうど渋滞でヨタヨタと走りそのまま次の分岐まででした。

渋滞をヨタヨタ、おっとそんな時間は無いのですが仕方有りませんね。もうこれは無理かなあと弱気になったところで西大竹のコンビニ、ここで補給をしてそしてMt.Furuさんに連絡です。

場所を告げ、”間に合わないかもしれない”というと”まだ2時間もあるじゃないですか”といわれます。
がんばれってか、これは走るしかないですね。

この先の小田原厚木道路も8Kmの渋滞とでていましたが自転車の走る側道は信号のところで少し混んだ程度で快調に走ることが出来ました。快調に走らないと横を自動車が通るこの道は怖いんですが。

そうしてこの区間も抜けると残りは10Kmぐらいまだ時間も充分に有ります。最後のPCでしっしょだった4人のパーティとなり力を抜いてゴールを目指します。

途中で気がつくと3人になっていましたがもう戻る余裕も余力もなかったので少し待ちましたがゴールへ向かいます。

ゴール前の自販機の前で境川のmasaさん!

お会いできて良かった、同じ600Kmを共有できたんだと実感できますから。

ゴールではスタッフの皆さんに迎えていただきます。本当にありがとうございました。何時間も全員のゴールを迎えてくれる皆さんには本当に感謝です。

しばし皆さんと歓談しますが若いお二人はことし始めたブルベでこの600Kmを完走、鉄人さんと2人で若い人はレベルアップが早いなあ~(笑)。

そういえばレーパン無しでの600Km、すごすぎです。いつも何かサプライズを提供していただくsakakazeさんでした。

のんびりしたかったのですが終電の時間が近づきお暇です。自走で帰れば?と訳のわからない事を言う小径車の方がいましたがあなたと違って普通の人間である私には無理です(笑)。

いっしょにお暇した鉄人さん、GPSにホテルまでの道が入っているとのこと。いろんな使い道があるんですね!

この後はどれだけ疲れていたのかを駅への登り坂、自転車の分解であらためて思い出しあまりにゆっくりで終電にも乗れず途中駅(昨日と同じ駅)までの終電で帰宅。

筋肉痛というより疲労感が土曜日の今日、ようやく抜けました。

でも昨年リタイアだった600Km、今年は途中タイムアウトもありましたがゴールまで走ることが出来ました。そして昨年走っておいて良かったとつくづく思いました。

練習になったとかいうことよりも今年はなんとしても参加したい完走したいという動機になりましたから。そして去年走れなかった600Kmの道のりを走っていることがず~っとうれしかった。

途中までだった昨年には来年は全部走ろうでした、そして600Km走った今年は来年も走ろう、です(笑)。

そんな楽しいイベントです、とりあえず11月には富士山一周200Kmがあります。ヤビツ峠を越えて山伏峠を越えてアップダウンの富士を回る累積標高差3100mなんていうハードコースでしたが参加して見ませんか。

私は昨年タイムアウトでした、今年はどうでしょうか。
走って確かめます。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/29(土) 00:52:49|
  2. ブルベ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

がんばりました神奈川BRM922長野600Km(3)

その2より続きます。

PC4(309Km地点:信濃池田会染)を5:40ぐらいにスタート。ここのクローズ時間3:36を2時間以上オーバーしています。次のPC5(420Km地点:南アルプス)のクローズは11:00ですから5時間20分。ちょっと無理かとは思いましたがその先もあるし何より後光の方が間に合うといわれるのですから。

ここから35Kmぐらいは僅かずつ登り続け、高出から塩尻峠の登坂です。

3人でスタートしたのですがジャケットを脱ぐというむつさんとお別れ、さらにその先で同じくジャケットを脱ぐという湘南自転車オヤジさんとも分かれて一人旅です。

19号に入るとブルベなスタイルの方が。昨日、麦草峠でぬきつぬかれつした方だと思うのですがいつの間にか置いてきてしまったようです。

塩尻峠の登り口となる高出の交差点前でウインドブレーカを脱ぎます。時間が無いので我慢していたのですがあまり汗をかきすぎると消耗するのでロスタイムです。

ここで休憩したので高出ではノンストップで登坂開始。途中霧雨が降っていますが汗とどっこいですね。
それにしても坂は登れません。数分のインターバルで休み休みです。塩尻峠、こちらからの登りももう3回目です。なんとなく残り距離がわかり休み休みでもあまり凹まずに登ることができました。

峠からは一気に下り岡谷東インターで右折。目印はガスト、じゃ無いじゃんすかいらーくかあ。グーグルの地図で絶対にガストだと思っていたのになんか気が抜けました(笑)。

そのまま湖に向かってそこそこ車の多い道を下って行きます。

あっ、ね・む・け!

急ぎ買ってあった眠眠打破をのみますが効きません!湖岸の道に入るともうダメです。進路目印のサークルKで休憩するしか有りません。

ブラックコーヒーをクロワッサンで飲み込み(間違いじゃなくて本当にこんな気分でした)目をつぶって休みます。
休んでいたのは何分ぐらいだったでしょうか。とりあえず眠気は取れました。走れます。

さあ、11時を目指し後半戦です。しばらく走り中河原の交差点、ここで写真を撮っていました。
中河原の交差点9:06

その時は時計を見た覚えが無いのですが9:06。PC5までまだ48.6Kmもあります。時計を見たらきっとくじけてますね(笑)。

ここから富士見峠の登坂、200m弱の登坂。もう余力は無いはずなのに進みます。とっても易しい大きな手で後ろから押してくれてるみたいです。え~わかりやすく言うと追い風でした。

登り終わるとダウンヒル+追い風(だったと思います)で快調なペース。残り30Kmもありますがまだ1時間あります。
間に合っちゃうかなと思いましたがそうそう甘く無かったです。穴山橋で曲がるとアップダウンの上に舗装も悪いK12。

PC5(420Km地点南アルプス)11:00に間に合わず。5分ぐらいオーバーでした。

もう誰もいないだろうなあと見ると、鉄人さん、sakakaze(元06R3白さん)さんが。それに間に合いますよと背中を押してくれたMt.シーモさん。

早速氷を買ってボトルに入れて冷えた水をゴクゴク。残った氷は鉄人さん、sakakazeさんにも使ってもらいます(押し付けでした(笑))。

食欲も無かったのでガリガリ君のみでスタート。Mt.シーモさんが補給はしないんですか?といわれますが”私はハンガーノックって信じてないんです”といって出てきちゃいました。

お腹が減ったという気持ち、休みたいという気持ちはありますがじゃあ食べれば休まずに走れたか、と考えると今までそんなことはありません。

とりあえず、もし本当にお腹が減ったら走りながら食べよう。ここで疲れているんじゃどうせ間に合いませんから。
なんたって5分遅れ到着で休憩してからスタートですから(笑)。

スタートしてしばらくするとsakakazeさんスローダウンしています。先ほどのコンビにでも気分が悪くて休んでいたようです。一声かけて先に行くとしばらくしてすごい勢いで抜いて行きました。復活したようです。

でしばらく行くとまた休んでいます。服を脱ぐのを忘れていたそうです(笑)。もう、いい味だしまくりです。

そうしてもう一回抜かれたところで強い向かい風に耐えられない感じがしたので”後付いてっていい?”といってドラフトに入れてもらいます。

下り基調とはいえかなり強い向かい風の中を30Km/hぐらいで進みます。すごいなあ、この勢いじゃ後でもちぎれそうです。

上沢のデイリーストアで千切れますからといって休憩するとsakakazeさんも休憩。

ここでもガリガリ君しか食べなかったんですがコンビニのお姉さんにニャンジャージを”それかわいいっすね”でご機嫌でした(笑)。

この先は未知というsakakazeさんを曲がり角まで案内するとさようならです。もう疲れたんでしょうか全然足が動きません。

上り下りが続くこのコース、5月には調子よく走ったのに今日は全然走れません。ついには登れなくなって押してしまいました。
この人(tanyさん)はアウター!

この27.7Kmの区間、遅かったです。ちょっとの坂でもインナーロー。下りも惰性走行で力尽きたのかなあ坂は苦手だからしょうが無い、平地になったら取り返そうと考えてました。

ここで荷物も重く感じてきて一つ持っていた一口羊羹を食べると・・・、体がなんかピンと来ます。お腹減ってるじゃん!

眠眠打破にブラックコーヒーで空腹に気がつかなかったんです。

食べるもの、食べるもの、そうだ!むつさんにもらったパワーバージェル。身体に染み渡ります(感謝!!)

まだありました。R20号で受け取ったアメ2つ。走りながら補給して休まず走ることが出来ました。

稲子の交差点に付く頃にはペースも戻り県境を越えて芝川のコンビニでおにぎりを補給してすっかり何時ものペースになりました。

後光のお方の言葉、素直に聞いておけばよかったです(笑)。

ここから御殿場の登りまではフラットロード。気持ちよく走ってPC6(500.8Km:富士今井)クローズ30分前の到着でした。

その4 ゴール、そして帰宅に続きます
  1. 2007/09/27(木) 20:51:51|
  2. ブルベ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

がんばりました神奈川BRM922長野600Km(2)

PC2にはスタッフのKANATREKさんがいらっしゃいました。
無人PCといいながら何かとサポートをしてくれるAJ神奈川です。

一緒に到着したむつさん、炎の鉄人(関西からの参加でこの呼び名はKirkさん)さんとちょうど3つあいた席に座り休憩です。日も陰りこんなのんびりしちゃうともう終わりみたいですがまだ4分の1。それに峠を越えたばかりですがこれからさらにメインの峠越えです。

カップヌードルを食べておにぎり持って、でもなかなかスタートできません(笑)。

ここでもそれぞれのブルベでした。
600Kmぐらいなら力強く走りきってしまう人達がリタイヤを相談しています。体調が優れないようです。

しばらくしてやってきたhiroさん。変速機の故障でリタイヤです。ロー側のギアが使えなくてはこの先走れません。今日は体調がいまいちのゆともさんと帰路に着かれます。

なんか寂しくなりますが重い腰を上げ夕暮れ迫る麦草峠に向かいます。

最初は高原を走っている雰囲気ですがすぐに登坂に入ります。
鉄人さんはたんたんと登って行かれます。強いなあ、自分からは休憩とかペースダウンの言葉は出てきません。

むつさんも39T×25Tでこの登りを行きます。

私?すみませんトリプルですが休みま~す、ばっかりでした。
無理して膝を痛めてしまいそうなのもありましたがもうダメです。休み休みです。

途中からは押しも入り鉄人さんには先行して頂きむつさんと2人の登坂でした。

でもこの押しの入った登坂、楽しい時間でした。
登坂中

自転車が無ければお会いすることの無い方と話をしながら夜の山道を行くなんて楽しい時間です。

そういえば途中、もう一人の参加者とぬきつぬかれつだったのですが声を掛けるだけでお話しなかったなあ。

峠の様子は反対側からのヒルクライムに参加したことのあるむつさんに伺っていたので峠の看板で着替え・撮影です。
着替え後のむつさん

一人ここで仲間を待っていた人がいますがすごいなあ。私には絶対に無理です。真っ暗なんです。人いないんですよ。サルや鹿はいそうですが。

下りの途中でむつさんのライトが片側取れてしまうというアクシデントがありましたがゆっくり安全運転で下りました。

実は安全運転の下りになれていません(笑)。ブレーキレバーを引きっぱなしで手がちょっとしびれました。

さあ、何はともあれPC3到着。信州の佐久町です。
時間は22:06でした。

主催のMt.Furuさん、こんなところまで巡回に来てます。無人PCだったんじゃあ(笑)。

ここでもいつもの暖かい励ましを、”輪行袋は着払いで送っておきますね”。Mt.Furuさん、モチベーションを上げてくれます。

絶対に23時、座間に戻ろう!

本当はこの時点で次のPCにタイムオーバーかもと思ってました。だってまた500mぐらい登るはずですから。
ここでも休憩していると時間ぎりぎりに湘南自転車オヤジさん到着です。

勢い良くやってきて柵に突っ込んじゃったかと思いましたが時間ぎりぎりだったのであわてていたようです。

そういえばこの方、ブログの雰囲気から想像すると隣にいても絶対にわかりません!”オヤジ”という言葉から発する雰囲気はありませんから。

そのうちにtakaさんも到着。

本当はタイムアウトですがまだまだ3分の1越えた所です。

次です、つぎ行きましょう!

3人で

鉄人さんは先行しましたので、ここからむつさん、湘南自転車オヤジさんと3人で進みます。

スタートしてしばらくするとバンドエイドストップ。詳細は内緒です。

ここでも結構アップダウンがあります。先頭を走っていたのですが不安になるのは下り坂です。もしミスコースしたら引き返すためには登らなければなりませんから。

今回はキューシートはほぼマスターしたので夜間装備してきませんでした。実際、この区間でキューシートが必要になることはなかったのですが一箇所どうしてもわからず3人で相談になりました。

ここで助けてくれたのはむつさんが取り出した境川のmasaさん作製の地図。すばらしいです、3人の不安は払拭されました。

そして峠の前にはMt.シーモ(これは某千葉の副会長が言ってたんです。私じゃないです)さんがサポートしています。

Mt.シーモさん、後光がさしてます。

湘南自転車オヤジさん御推薦の梅よろしを3人とも選び休憩です。ここで次の時間内は難しいと言われますがとにかく先へ、です。

Mt.シーモさんにお礼をいってトンネルへ向かいます。

ここへ来てクライマーむつさんは強いです。500mぐらい登坂なんですが39T×25Tでどんどん登って行きます。
むつさんがコンパクトを使わないのはきっと”いらない”んだと思いました。

いつか自分もトリプル脱却と思いますが可能性は・・・。

トンネル後のダウンヒルは一気に行っちゃいました。その後のフラット部分も一気に。

さあ、山場をクリアして折り返しPC4、信濃池田会染に到着です。(4:00)

時間オーバーしてますがそんなことより食べ物、睡眠です。
お腹がすいて眠たくてたまりません。をそのまま体現した行動で一気に仮眠です。

途中ふっとからだの上に何かがかけられ暖かくなり快適な睡眠に(コンビニのアスファルトの上ですが(笑))。
Mt.シーモさんがここで仮眠中の参加者に毛布をかけてくれたんでした。もうしっかり疲れも取れ時間も・・・、5:30!
クローズ時間を2時間も過ぎています。ということは、600Kmの後半300Kmを借金2時間で走るんです。

ちょっとあせりましたが(本当はだいぶあせりました)Mt.シーモさん、”次までに取り返せますよ”。
後光のさしている人の言葉ですから信じます。

スタート前にむつさん、リタイヤ宣言です。200Kmの経験のみでこのブルベに参加してここまでくればすごいと思います。
荷物、ペースを調整すれば少なくとも私よりは走力がある方なので十分完走されるでしょう。

湘南自転車オヤジさんも別々で走ることに。

110Km先のPCへは一人で向かうことになりました。時間は・・・、5時間半無いじゃん。

本当にゆけるのかしらん!

その3に続きます
  1. 2007/09/27(木) 20:25:42|
  2. ブルベ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

がんばりました神奈川BRM922長野600Km(1)

4時の目覚ましでスタートです。

急ぎ支度して駅に向かいます。今日は最寄の駅ではなく急行で2つ先まで自走です。
いつもの駅で始発に乗ってもぎりぎり到着で皆さんに挨拶もできないので調べたところ自宅から5~6Km先の駅からでる始発に乗ればちょうどいい時間に着く事がわかりました。どうせ自転車に乗ってしまえば2Kmも6Kmも変わりありませんから。
経堂駅


途中でブルベなお二人が乗り込んできます。おそらくあの方だと思うのですが倒れそうな輪行袋を持ったままなので席を立つことができずお話できませんでした。お二人は座間のひとつ手前の駅で下車されました。

自転車を組み立てコンビニで買い物(6:02)。さあ現地に向かいます。皆さんお集まりですね。
masa@あぁ、湘南のさん”、”境川のmasaさん”、”bossさん”、”リュウさん”、”06R3白あらためsakakazeさん”もう大勢集まっています。
お、なぜか同じジャージの方が(笑)、”むつさん”です。

その他にもお見送りの方々、御挨拶しないと”大将さん”、”sudobanさん”にぎやかなスタートです。
去年の荒涼としたスタートとはえらい違いです。

おや、それに堺や琵琶湖でお会いした方(炎の鉄人さん)までいらっしゃいます。そりゃこないだ琵琶湖でご一緒したばかりですからついつい話し込んじゃいます。

おおっと、今日は大事なことがありました。

主催のMt.Furuさんに輪行袋を預け”今日は絶対に帰ってきますから”と決意表明です。Mt.Furuさん”まあ、着払いでおくることになるかな~(笑)”。そうです、この方の励まし(とげのある)によってこの600Kmにチャレンジするまでになりました。

ですから今日はショートカットしてでも明日の23時までにここに戻ってくる、これがメインテーマです。

何時もどおりに車検が終わり5~10分まえですがスタートです。

途中で同じGHISALLOに乗るクライマーA塚さんと”渋谷方面を自転車通勤してませんか?”と聞くと”してますよ”とのこと。先日見た、交通ルールを守る模範ライダーはこの方だったようです。
ようです、というのはもうちょっとお話したかったのですが千切れちゃいました。

それにしても暑いです。途中信号が赤になりその手前がコンビニ、逃れようも無く吸い込まれました(笑)。先に吸い込まれていた境川のmasaさんにご挨拶、bossさんも吸い込まれてきました。
bossさん、masaさん両ブログの巨頭に挟まれたGHISALLO


さあ、笹子トンネル前のコンビニ・・・、あれなくなってました。まあ、いいやちょっと休んで車の切れ間を見て突入、あぁbossさんそのまま入って行っちゃいました。

その後は下りのいきおいで向かい風(だったかな?)を気にせずガシガシふみまくって(だってボトルの水は切れてるしこんびにぃぃ!です)PC1に到着です。(確か12:05)
PC1

いや~疲れました、暑いです。
しばらくするとむつさんと炎の鉄人さんが通り過ぎちゃいます。”こっちですよ!”

止まっているとアンダーバーにつけたチューブが受けてます。乗りの軽い人みたいで持ち主(私です)を前に何やかやと。
思わず私も5月に沼津600Kmで教官様(鬼は取らせていただきます)の真似ですよというと、皆さん納得してました。
きっと教官様はフランスでもアンダーバーにタイヤをつけて走っていたのでしょう。

ここでhiroさんがとっても素敵なものを持ってきました。
です。
ボトルに入れると残りをどうぞと。
これは堪りません、やられました(笑)。

hiroさんの氷として長く語り継がれると思います。

さあ、PC1でもうすでに1時間近く休んでいます。一緒に到着した人は・・・、いません(汗)。暑いんだけどなあ。
でも明日の23時には座間に戻らないとMt.Furuさんに何をいわれることやらです。

hiroさん、むつさんとスタートすることに。

小笠原橋北詰の交差点でここは帰りに見落としやすいんですよと説明するとhiroさん、むつさんはその説明を役立てたい、だそうです。そう帰りにここまでくればもう400Kmなんです。

途中でブルベマスターゆともさんが休憩しています。体調が悪いように見えます、だいじょうぶでしょうか。

20号線に出た穴山橋のセブンイレブン(神奈川のブルベでは有名な場所です)で休憩です。30Kmくらいかなあ(笑)、でも今日はとっても暑いので仕方ありません。

すぐにhiroさんも到着してまた、hiroさんの氷です。ありがとうございましたぁ~。

さあ、ここからは20号線をひたすら登るだけ。帰りのダウンヒルのためと思って登ります。

<途中省略>

富士見峠を越え予定の交差点を曲がるとPC2到着です。
あちゃ、もうこんな時間?(16:36)
おそろいです


その2に続く
  1. 2007/09/26(水) 20:55:30|
  2. ブルベ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

神奈川ブルベ922(600Km)走ってきました

とっても頑張って走って最後は時間内完走をあきらめたりもしましたが時間内(20分前ぐらい)にゴールすることができました。

自転車を輪行袋に入れるのも難儀なぐらい疲れていましたがなんとか帰宅し今日はこれから実家へ行きます。
ブログには後で掲載します。

いつもながらいろんなことがあって楽しい2日間でしたが今回は
”ここまで力を出し尽くした”でした。

おまけ
いま体組成計にのると24歳!ってでてました(笑)。
ホント、運動すると(しない時も)すぐに反応するメーターです。
  1. 2007/09/24(月) 10:37:34|
  2. ブルベ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23

週末のブルベへ一人の計画会議

週末9月22日はAJ神奈川主催の長野600Kmに参加する予定です。そして参加するからには完走が目的ですが漫然と参加して走りきれるほどの力はありませんし計画も無しにリタイアではつまりません。

まずは自転車ですがMTBで参加予定でしたが悩み中です。スポークを折ってしまったSCOTT君、修理はできたのですがこれで長距離には不安があります。週末までに長距離は無理ですから決断だけなんですが。
ここはチェーンも替えたしブルベのために購入したGHISALLOで参加かなあと。
きっと当日まで迷ってます。

コースのプロフィールは大体把握しました。そしてこのコースのどこで仮眠を取るかを決めかねています。

健康ランドのある340Km地点ですが前半の厳しいこのコースで340Kmまでたどり着くのはタイムアウトぎりぎりと思われます。ということは午前5時頃、これではこれから仮眠というのはまずそうです。そのまま昼まで寝ていそうですから。

昨年は後半の厳しいコースで330Km地点にある健康ランドに1時過ぎには着いていたのですが今年は無理そうです。
道端で仮眠というと問題は雨と寒さ。前回は濡れたまま廃屋の軒先で寝てましたが10度前半の気温の中でよく風もひかなかった物です(笑)。

最後の悩みはスタート地点への移動です。
自走で4~50Km、前日に現地まで300Km近く走る方の真似は厳禁です(笑)。私にはそんな体力は絶対に無いので体力温存は必須です。ところが輪行すると集合時間ぎりぎりで間に合いはするのですがいろんな人が参加するこのイベントですから少しは余裕のある時間につきたいところです。

悩みはつきないなあ、ってまあ遠足前のワクワク感かもしれませんが。

走る方の計画?
いくら考えてもいつも前半(特にスタート)だけ頑張って後半力尽きるだけ。考えても無駄みたいです。
楽しく走れればOKです。
  1. 2007/09/18(火) 23:03:34|
  2. ブルベ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

とりあえず3日続けて国立まで

長女のイベントもあったので遠出は時間的にもできなかったので3日間続けて多摩サイを走りました。

初日はおっと危ない、膝はぎりぎりの感じでしたが回すに徹して痛まない範囲で走れました。

2日目は痛みは出る雰囲気がだいぶ減りどちらかというと昨日の疲れで力が出ない~でした(笑)。風もありましたが回しているうちにくたびれて力も入らずとても痛みが出るほど踏み込めませんでした。

3日目の今日はあさたまでhiroさん、まこちゃんさんがいらっしゃいました。会社は休みなのでのんびりお話して楽しい時間でした。
ここでいろいろお聞きした結果、先ほどチェーンを交換してきちゃいました。ホント、調子よくなりますねぇ~、もっと早く替えればよかった。銀色のチェーンはカッコいいし。

今日のあさたまはhiroさんから振れ取り台をお借りするというテーマ付でお借りして来ました。

昨日、スポークを入手してSCOTTのホイールに取り付けてみたのですが振れがとりきれません。hiroさんにお借りしたこのツールでトライです。

膝は3日間、結局痛むことは有りませんでした。くるくる回すに徹した成果だとおもうのですが問題もありました。

僅かな坂でも登れません(泣)。登りになったらカタカタカタとシフトダウンしてスピードダウン。

峠は押した方が速かったりして?
  1. 2007/09/17(月) 19:57:05|
  2. 走ってきました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

なんかいそがしい

昨日も帰りが遅かったし、今日は長女のイベントがありなんとなくあわただしい一日でした。

それでも、朝早くというのはむりでしたが来週の準備で走りに行きました。

先週、膝を痛めて10日ぶりに走った時には長距離を走れる状態ではなかったのですが今日はどうでしょうか。
今日のコースはいつもの国立折り返しの60Kmです。

まず、多摩川まで街中の幹線道路を走るのですがやっぱり踏み込めませんが痛いというほどではないです。
久しぶりに遅い時間帯で多摩川を目指しますが混んでるなあ。

サイクリングロードに来るとここからは停止・スタートは少ないので気持ちよく走れます。膝も何とか走れるみたい。

国立までいつもよりちょっと遅いタイムで到着。まあ、途中あんなに混んでいたにしちゃ早いです。今日は練習なのでそのまま休憩せず折り返します。

でも気がつかなかったのですがついつい踏みたくなるのは何でしょう?いままで回すことに気を使っていたのにいつの間にかペダリングが変わっていたのかなと思います。

今日はAVもTimeも気にせずケイデンスだけ表示でくるくるです。

狛江まで戻って時計を見ると急いで来たみたいな気がちょっと。まあ、疲れたわけでもないのでそのまま帰ります。
午後も用事がありますから。

ここからの道は多少のアップダウンはあるし、信号での停止・スタートも多くなります。

うん、大丈夫みたいです。とりあえず力まなければ痛みは出ません。くるくる、ですね。

これで峠は越えれるかということはさておき平地は走れました。帰宅するとあさたま並みのタイム、充分でしょう。明日も午前中の時間でもう一度確認・トレーニングです。


帰宅すると急いで母親を迎えに駅に急ぎます。長女のイベントを見るため2時間近く掛かって出かけてきたのですが乗換えで後駅2つです。

40歳ぐらいまでは休日の電車で席に座るとお年寄りに席を譲るのが照れくさく座るのがいやでしたが最近は若い人でもドアが開くと車内をすばやく移動して座るんですね(笑)。

道を歩く時もこのくらい一生懸命歩いてくれよ。

イベントも終わり、母親を電車に乗せて自宅に帰る途中、あさからパン一枚しか食べていないのを思い出しフィレサンドを買ってひとごこち。

布団に入ってお昼寝~でした。
  1. 2007/09/16(日) 00:33:33|
  2. 走ってきました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

とっても素敵なジャージ

むつさんにお願いしたジャージを頂いてきました。
”素敵だけどお値段が・・・”と言われましたがいま現物を見ておっ!!!ニタニタ~うふふ、です。
ちょっとだけお見せしますね。
にゃんジャージ

いつもよりちょっと早めに家を出て待ち合わせの場所に向かいます。いつもと違う電車に乗ると通学の子供達や見慣れない町並み。なかなか楽しいです。
やっぱり電車は地下鉄や高架より地面を走っているほうがいいなあ。乗り降りだって人間に優しいですから。
いつも時間はぎりぎりの私ですが今日は5分ほど早めに到着。あさの街道って自転車通勤の人をたくさん見ることができます。あっ、あの外人は信号を守らないなあ。でもその前から止まっていた人はちゃんと青になってから渡った。この人の自転車もよかったです。”GHISALLO”って書いてありました(笑)。
白いGHISALLOに細めの人が乗っていました。沼津400Kmでお会いした方に似ていたかなあ。

なんて見てるとむつさんがロードに乗ってやってきました。
”物の受け渡しです”、雰囲気のある方です。
でおまけまで頂いちゃいました。
鰯パンジャージ

こっこれは!(うれし~~い)。ありがとうございます。

でも、プレッシャーがくっついていました。
峠の字が・・・

どうしよう。

  1. 2007/09/13(木) 23:26:57|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

スポーク

折れたスポークを入手しなければいけないのですが
現物を持っていかないと合わせられません。

一本はずしました。明日これを持って行って買って
来る予定。
黒いのがSCOTTのスポーク

黒いのが、真ん中の物が、SCOTTのスポークです。じゃあ後の2本はというと30年以上前のものです(笑)。

島野のラージハブにスーパーチャンピオンの650Aリム、それにステンレススポークとアルミニップル、これを自分で組んだ時のあまりです(確かそうだったと・・・)。

でもこれバテッドスポークですね。お金なかったらからストレートを買った記憶があるんだけどひょっとしたら自転車店のオヤジさんがおまけしてくれたのかもしれません。
その岡村自転車も今は無いみたいです。

まあ、どこかでSCOTTのスポークを買ってこないと。でもさすがにこれで600Kmにチャレンジはちょっと不安を感じてます。

5月は調子良かったから走れた気がします。そりゃ隔週ぐらいで百キロ単位の走行を繰り返してましたから。400Kmぐらいの眠気を越えた後は雨も坂もどうでもいいや眠気覚ましってかんじでした。

いま、あの時のコンディションは無いなあ。膝は心配だし。直江津で300Km走りましたが20時間越えてるし。

まあ、コースだけは万全で望みましょう。脳内ブルベは10回、キューシート無しでを目標に(うそで~す)。
  1. 2007/09/13(木) 00:01:32|
  2. ブルベ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

首相に誰を選ぶか

首相辞任でさまざまな意見が出されていました。
情けないと言うような声も有りましたがこれは投票した人たちに返されるべき言葉であると思います。

よくわかりもせず誰の声を反映してくれるか考えもせず投票した人は反省するべきなんじゃないでしょうか。
他に任せられる人がいないから?
・税金の無駄遣いをする人
・献金をもらう人だけを見ている人
・年金問題の始まったずっと昔は関係者だった人
に投票した人は辞任した首相をだらしないと言って自分の責任を回避している、でも結局はこの間に自分の税金を浪費した事を許容しちゃっているだけだと。

私が思うにすごい人ですよ、1000人に一人の人材、つまり一部上場の社長なんかよりずっとすごいです。でもね、私のほうは向いてない人なんです。だから私は私のほうを向いてくれる人に投票します。
それって今話題になっているほかの人って辞任した首相と同じで、平均収入程度のサラリーマンやその老後に視線を向け層に無い人じゃないです。

私は資産家でもないのでこの人たちに投票してもメリットがあるとは思っていません。

宗教も自分が最大限努力してもうこれ以上は自分の努力の及ぶところでないって時に頼むことにしてます。なんで神頼みには資格がありません。それ程努力してませんので神様に失礼ですよね(笑)。
死ぬまでトップとして偶像化する考え方も体質的に合いません。だって自分だって40歳当時の力はありませんから。

解散後(もうすぐかな?)の選挙ではだれにとうひょうしようかなあ。

そういえば、テロ防止法がどうのこうのだそうですが公共の放送でアメリカのテロは首謀者は中近東じゃなくってあれによってメリットを受けた人たちの仕業と話していました。

飛行機がぶつかったぐらいでビルは壊れない。飛行機がぶつかった時に地下から爆発音がした。などのことを話していました。

まあ、確かにテロと戦うアメリカは大量殺戮準備を見つけられないままに、原爆並みの放射性物質を民衆の中にばら撒いたのに拉致やミサイルを背景に国際交渉をする国とはすんなり合意したみたい。

このアメリカに求められてテロ防止ってありえね~だろが、です。
  1. 2007/09/12(水) 22:27:16|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は再度自転車掃除、なんたって

少し寝過ごしましたが羽村とか久々に友人宅を訪問ぐらいなら充分いける時間だったのですが部屋から出れませんでした。

昨日の転倒で打ったところが痛い。膝は直江津から2週間たつのに3日後のあさたまからほとんど変わらない状態。そして昨日のダート走行は結構疲れました(笑)。

写真を見るとかなり頑張ってます。クランクのペダルから5cmぐらいのところまで泥がついているのでこの深さの泥のじゅうたんを走ったと思われます。

これは二子玉川手前で泥というか沼状態なところを走った跡ですが踏めば空転するし轍ではハンドルを取られるしいつもとは違う運動をしました。

泥の中で止まればズボッと足首まで埋まる中を自転車を押して歩くわけですから止まらないようにという緊張感のおまけつきでしたから。おっ、まだ少しはこんなことできるなあなんて思ってたら今日の疲労でした(笑)。

自転車もお疲れと思って昨日頑張って掃除しましたがもう一度きれいにしましょう。
まず、このスタンドですがピンが抜けちゃうんです。昨日、走る前にちゃんと裏から押し出してあったのに一日で引っ込んじゃいました。




センタースタンド

これでは心配で使えません。後で外すことにします。

そしてチェーンホイールに泥がついてます。
まだ泥が・・・

そしてリアディレーラ周りも
やっぱり泥が

かなり頑張って落としたんですがまだだいぶ残っています。ダートを走る人はこれを走るたびにやるのかなあ。自転車を掃除してきれいになるのはスキなんですが毎回はちょっとつらいです。

でも今はとにかくここまでついた泥を取る気になっています。さあもう一度、ていねいに落としましょう。

<掃除、ワックス、注油等>

大体きれいになったところで前輪を確認すると
振れている場所がずれてるような気がする

くの字型にドロヨケステー2本とスポークが1本曲がっています。でもリムに振れが出ているところとスポークの曲がっているところがずれてます。

スポークを買ってきて自分で直すつもりでしたがどうしようかなあ。


そういえばVブレーキって泥がたまりますね。カンティレバーはここまでくっつかなかったような気がしました。
  1. 2007/09/09(日) 17:31:50|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

多摩川ポタリング中その1

今日は久々の晴れ!
2週間分とばかりに奥多摩辺りに走りに行こうと5時から準備、6時スタート。
でも膝が痛みます~~。力入りません。多摩川まで来ましたが増水の川を眺める人がいっぱいで危なくて走りにくいです。調布あたりでは橋の下を通るサイクリングロードは通行止めです。

あきらめて国立往復にしました。うまく行けばhiroさんはいるかなあ。国立に7時過ぎちゃうからいないかなあで到着するといらっしゃいました。
hiroさん、ひととせさん、ばっちゃん。皆さんで朝食に行くそうなので御一緒(^_^)v
朝食に向かって

今日は多摩川の写真を撮りながら帰ることにして写真を撮りながら走ります。
朝食はナン・カレー(写真撮るまでも無く食べてしまいました)。皆さんいろいろ選んで朝食です。

いろいろお話を伺いました。自転車の人と自転車の話をしながら食事、楽しい時間をありがとうございました。

食後はサイクリングロードを走りながらそれぞれに帰路に着きます。最後になる私も水道橋で多摩川を離れればいつものあさたま、土手端無しの朝食会でしたがついそのまま多摩川を走っていちゃいました。

だって、奥多摩へ行くつもりが国立ではちょっともの足りません。膝は痛いんですが平地なら大丈夫でしょう、ということで舗装の切れた土手を走り続けます。

土手を下りてグランドを通って、通れません。泥がたまっていて道が埋まっています。通れないんですが通っちゃいました(笑)。
結果は?
泥まみれ、その1

まあ、かえって掃除しましょうね。靴も一緒に
足つきはしてないですよ

さあ、もうすぐ二子玉川です。でもなんかその手前に厚~~い泥のじゅうたんがいつもの道の上に敷いてあります。MTBと言っても1.25インチのタイヤで走れるかなあ。途中で止まると足首まで有りそうな泥の中を100mぐらい押してゆくことになります。

え~い、逝っちゃいましょう(笑)。
おっ、結構グリップしますT-Serv1.25、次もこれ買うぞ!

ペダルまで埋まって靴も泥だらけですが走破!

なんて事を3回ぐらい繰り返してるとこんなになっちゃいました。
実際はもっと泥だらけ


掃除大変だろうなあ~~。

その2に続きます。
  1. 2007/09/08(土) 17:55:00|
  2. 走ってきました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

多摩川ポタリングその2

その1から続きます

よごれただけなら掃除すればよいのですが

走ってる最中、フロントのハブ辺りに枝が絡んでいるのが目に入り足で取ろうとしたらスポークに絡んで前輪ロック、転倒になってしまいました。

たいしたスピードは出ていなかったのでケガというほどのことは無いのですが自転車のほうが・・・。
・スポーク1本曲がってニップルが抜けた
・ドロヨケのステーが曲がって抜けた
・倒れたところが路側帯で左のチェーンステーに4センチぐらいの凹み

自分はこけない、なんて思っていたんでしょうね。心にスキがあったんです。

ちょっと振れの出てしまったホイールでその後は走り続けもうダートは無く羽田までの川原見物でした。
羽田

その後は産業道路→15号→環状7号をはしり途中で母校を見物。


母校前


増水した川原を見ていて思ったのですが樹木が人類を守っていてくれる気がします。
樹木が命を守ってくれる

川の中央にある数本の木が川のゴミを受け止めしっかり残っていました。川原に舗装をしたところなんてゴミも一緒に流れたようで何も残っていません。コンクリートで固めた川岸なんてその上を水が流れた後が役に立ったとは言いがたい状態でした。

樹齢何十年の木を切り倒し何かをしたらそれに対する理由は相当なものが必要だと思います。

自宅近くでも交差点の街路樹が伐採されました。小雨の時の雨宿り、暑い夏の日よけ、そして計り知れない樹木の効用。

公共事業という名の下で税金が浪費され樹木も切り倒すなんて子供達の未来を刈り取るようなものだと実感として感じる多摩川の増水でした。
  1. 2007/09/08(土) 17:50:25|
  2. 走ってきました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

bossさんの掲示板に書き込ませていただきました

昨日のエントリーでたくさんコメントいただきました。

自分の体格や走力にあった、というか自分の好みのギア比が欲しいというかをぼやいたんですがコメントをいただき感謝です。

書き足りない方もいらっしゃると思いbossさんの掲示板に書き込ませていただきました。

>ものすごく物議を呼んでますね。
えっ、おろおろ。

物議はカンベンしてください議論ぐらいで(笑)。
  1. 2007/09/06(木) 23:33:13|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自転車の常識に疑問をはさむ

その1)キャリア不要
MTBやロードバイク、そしてクロスバイクもキャリアは装備していないのがほとんどです。

でもだから少し遠くまで走れるようになった時、困るんです。大きなバッグを担いで走らなきゃならない。それなりのお金を出すとシートポストに着けるバッグがあるけどあれって不自然な形に見えるのは私だけでしょうか。

ハンドルにつけるタイプもあるけど重心が高くなっちゃう。高次元でバランスをとったロードバイクが一気に十派一からげになりそうです。

リアキャリア(パパチャリ仕様)に振り分けバッグの方が好みです。

その2)ドロヨケは要らないの?
MTBにドロヨケをつけて見ました。このところ路面が濡れていることが多いのですがその効果は高いですねぇ。

なにが捨てられているかわからない道路上の水を浴びるのはやっぱり遠慮ですから。ドロヨケが無い時は完全に減速して通り過ぎていましたがこれってジャージがよごれるのがいやでスライディングはしないと言っている気がします。

まあ、ブルベでは100Kmぐらい泥はねを受けながら走ったことが何度かありますが。これって前の人のドロハネだけでなく自分の車輪からも結構浴びてしまいます。足なんてブレーキカスで真っ黒だしこれを顔にも浴びてるんでしょう(汗)。

その3)コンパクトドライブっていいの?
自分の用途を考えてチェーンホイールはトリプルを使っています。でもコンパクトドライブは多いですね。コンパクトにした場合(50T/34T)普段はアウター、インナーどちらで走るのでしょうか。

スタート時、アウターを使ってリア23Tですとチェーンラインは完全にクロスになります。27Tのあるカセットを使えば21Tで3枚目ですが23Tまでのカセットだとチェーンラインがクロスしないためにはリアは19Tぐらいまでが限度かな。低いギアでスタートする私だと止まるたびにチェーンラインはクロスになりそれを踏み込んでスタートになってしまいます。

そしてフロントをインナーに入れるとリアはすぐトップになってこれまたチェーンラインがクロスしたまま走ることになりそうです。

このところ意識してアウターで踏んでみたのですがチェーンが一気に緩んじゃいました。アウターローを多用するからいけないのだとわかっていますがそれにしてもてきめんでした。

なんと言っても40~50Km/hで走るツールの選手達のギア比から考えてみても25~30Km/hで走る私に必要なギア比は・・・です。

と、こんな事を書きつつ実際にはトリプルのチェーンリングを使いいつかはノーマル(52T、39T)にと夢を見るのでした。

ぜ~んぶ、食わず嫌いかもしれませんが(笑)。
  1. 2007/09/05(水) 22:15:48|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

Author:おいちゃん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する