おいちゃんの休日サイクリング(ブログ)

自転車や環境についていろいろ書きたいと思います

雨にホッと一息

今週は日曜日が休養だったので月曜の夜、近所を約4Km目一杯でラン。このところ”ひとりよるらん”では7Kmちょっと走るのですが半分にしてペースアップを試してみました。

うふふ、すこし速くなったなあなんて思ったのですが次の日、火曜日の夜はガチガチ。それでも7Kmちょっとのいつものメニューでしたがのんびりゆっくりのランでした。

そして水曜日は身体もほぐれたので7Kmいつものコースでペースアップを目差して頑張りました。

au携帯のRun&Walkを走る時に使っているのですが1Km4分30秒なんて数字が出ちゃいました。ただし航跡をみると広い道路を何度も渡ったことになっていて実際よりだいぶ距離が長くなってます(笑)。

速度についての数値はともかくこれまでで一番のタイムでした。そしてその反動が翌日に。

これまでランでは関節や腱に痛みは無かったのですがついに膝やくるぶしが痛みました。もより駅からの帰宅では膝の外側も危ない雰囲気だったのですが歩いているうちに少しからだがあたたまりはしれるかな?(笑)。

今日は足が心配だから4Kmだけにしておこうっと。それから早めにやめるために

いそいでこようっと(笑)

足が痛いので早めにということで昨日とほぼ同じタイムで終わりにすることが出来ました。

やっぱり3Km走った後の4Kmとさら足の4Kmでは違いますねぇ。というよりウォーミングアップといいながら前半の3Kmで力んでるんでしょうか(笑)。

今日金曜日は雨です。残念ながら(?)走れません。休足日です。
スポンサーサイト

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/01/30(金) 21:12:34|
  2. 走ってきました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湘南平はきつかったけど

SSR走行会で登った湘南平。1.5Kmほどの行程で標高も180mぐらい。タイムは速い人のダブルスコアギリギリでしたが息はハアハア、膝はギリギリでした。

昨日今日と近所を走って(ランです)ますが相当に頑張ったつもりでも自転車の時ほどにはなりません。昨日はかなり自分としてはペースアップしてみたつもりですが本日も走れるぐらいのダメージで自転車のときほど追い込めません。

それに比べて湘南平は夜に足が攣るし翌日も走る気になれないぐらいのダメージ。

でも、根本的に登り遅いのはなあ。何ででしょ(笑)。まあ、ぼちぼち頑張ります。チカラ出し切ると気持ちいいですし。

話変わりますが走っていて(ランの方)どうも違和感があります。最初は靴のせいかなあと思っていたのですがどうも違います。

膝が上がらないというより重力がまさってる。後ろ足をけりだしても思ったより手前で落下。

そういえば20年前に比べて体脂肪が○%ぐらい増えてます。重量にすると△キロ。

そう、体が重いんです。脂肪の分だけ。

でもまじめな話、この脂肪のおかげで若いときとは違いそう簡単にお腹下しません。いい腹巻です。
ブルベでも一度暖まれば多少休んでいてもなんとかなります。

ビブのタイツなんか穿いていてお腹下した日には目も当てられませんから(笑)。

ということで当分大事にしようと思っているのですがこの脂肪君。

でも走ると重いんですよね(笑)。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/01/27(火) 23:53:30|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TeamS.S.R新春走行会&新年会&送別会

長いタイトルですが神奈川の自転車乗り主催の会に神奈川以外にも沢山集まりにぎやかな会に参加してきました。

朝の集合は双龍、境川サイクリングロード、鎌倉近くの渚橋といくつかありましたが行きなれた境川の集合場所に。

10時に合わせてスタートしましたがちょっと早めに到着。auのRun&Walkによると46.5Km、2時間ちょっとでした。先着していたFさんとブルベの話、自転車の話をしているとお子さんを連れたyu-jinさんも。

赤ちゃん大好きなので相手をしてもらおうとしましたが残念ながら泣かれてしまいました。

しばらくすると皆さん次々到着。
境川にて2回目の集合場所
”はじめまして”、”お久しぶり”、”またお会いしましたね”と挨拶をして境川サイクリングロードへスタートです。

集団走行ですから安全運転です。そう安全運転なのですが皆さん速いんですよね。だからみなさんと走る時には力いっぱい(笑)。

お昼には感じの皆さんの骨折りで素敵なランチを頂きました。30人の集まりで自転車もあるので準備は大変だったと思います。

皆さんでの昼食、楽しい語らいでした。さあ、この次は茅ヶ崎のCマークへ。江ノ島までは渋滞ですがそこからは2車線となり快適な道。でも不安も少し。

やっぱり、私の乗ったトレインを引くヲレさん。スタートから軽快なケイデンスでそのまま伸びてゆきます。止まるたびについてゆくのが大変です。でも、段々息が切れるにつれなのしくなっちゃうのは何故でしょうね(笑)。

もっと速い一団に抜かれちゃうと更に加速、集団がバラケます。後は力いっぱいで、と思ったら信号そして到着でした。

ふ~汗かきました。
みんなでサザンC
楽しい時間は直ぐに過ぎてゆきます。この時点でちょっと時間は押していたそうです。
でも湘南平へ行きたい人!という声に乗らせていただきます。
初湘南平
自分の力測定です。スタートからきつい坂に最初の50mで足が終わってしまった気がしましたがまだまだ始まったばかり。直線の登りで抜いてゆく人を見てると基本的にトルクが違うようです。

ある程度登って九十九折になってきて傾斜もゆるくなったところで少しだけ足が回ります。シフトアップしてハアハアと頑張りゴール。

10分少々でした

まあ、一番の人のダブルスコアじゃまでは行かなかったのでよしとします。自分としてはかなり頑張ったようでその後大変でしたから。

この後は集団で双龍を目差します。途中でトレインから離脱しヲレさんの案内で厚木へ。
買い物をして双龍へ一人旅。ミスコースしかけましたがなんとか到着。

双龍での宴会にははじめてです。美味しい料理、楽しいおしゃべり。

でも座ってると足がピキピキ。

な、なんでしょう。湘南平では相当頑張ったみたい、10分超ですが。動くと足がつります。じっとしてると固まります。

ちょっと困りましたが壁にもたれて座ることでようやく落ち着くと・・・、おやすみなさ~い。

しばし寝てたようです。目が覚めてそろそろお暇。

輪行で同じ方向の人たちと電車に乗り帰宅です。
名札シール
24時間以上経った今もまだ足がピリピリですが楽しい1日でした。
  1. 2009/01/26(月) 00:00:57|
  2. 走ってきました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

頑張って走る

私は普段走る近隣で心拍が上がるようなことがめったにありません。一人で走ることが多いのもありますが自分のペースで無理せず走ってるからです。

もちろん上り坂になればそれなりに息も切れて心拍も上がりますが近隣にそれ程長い坂も少なくあってもついのんびり、止まらなければいいやになってしまいます。

そんな私ですが先日は少し頑張って走ってみました。頑張ってはしるといっても当然抜いてゆく人がいます。珍しく追走(もちろん知らない人ですから車間をとってですが)して見ましたがするとまだ少しペースアップできました。頑張ってるつもりでもまだまだ全力じゃないんですね。

トレーニングのつもりで走ってたわけですがそれまでは実際のところ追い込んではいなかったわけです。どのくらいを目標にすると効果的とかトレーニング方法などあるのでしょうが知識ありません(笑)。

それでもこれだけは間違いないなと思ったのは

まずは頑張る。

”一生懸命”という言葉も同じだと思いますが自分の場合この気持ち無しには理屈も道具も関係なさそうです。

年に何度かそう思うときがあるんですが今回はちょっと形のあるものが見えた気がした追走でした。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/01/20(火) 21:45:33|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

週末サイクリングでした

この週末はよい天気でした。
稲村ガ崎にて
写りはともかく青空がきれいだったので1024×768の写真を貼っちゃいました。

3連休、1日目はお出かけできませんでしたが2日目と3日目は楽しいサイクリングでした。

木曜と金曜に半月ぶりのジョギングで土曜日は足がパンパン。足の膝上の前、そしてふくらはぎの筋肉痛がそのほとんどなんですが要はこの部位は私の自転車では鍛えられないところみたいです。
急ぐことがありちょっと走ろうとしたらガクッと踵が落ちてしまったときはちょっとあせりましたがそれ以上痛むことは無くほっと一安心。

土曜日はさすがに自転車も控えておとなしく、そして夜SNSでchicorynさんの走ろうかなあ~の書き込みに乗せてもらって茅ヶ崎まで走ることが決定。

自分も久しぶりだ・・・。

いつもの湘南お出かけ装備に加えて輪行袋。帰りはこれで大丈夫でしょう(笑)。

朝、今日は気温が低いです。途中の道路の温度はマイナスの予報ですから、えっと。
・ホッカイロ大判+足用も
・いつも長タイツの下にユニクロタイツ
・ヘルメットの下にpiano piano帽子
・デーツーで買った防水手袋、さらに指きり手袋

7時過ぎ、走り出した時は確かに寒かったんですけどね。自転車って発熱量がすごいんです、やっぱ。ジャージのチャックを広げて冷やします。
そのうち手も蒸れてきました。結局指きり手袋だけにして走ることに、寒かったですが蒸れるより良かったです。

途中以前の職場だった場所を通過。これまでの最高タイム(3年以上前かな)の更新を確認して約束の時間にも余裕かなあなんて。

途中横浜駅周辺は1号線と反対側を通過。35年ぶりに通りました。国道1号をまっすぐ行けば最短なんですが付くのが早すぎる気がしてつい鎌倉を通って行くことに。

しっぱいでした。三連休中日、好天、人が一杯車も一杯で通れません。

それでもそのうち海にでて稲村ガ崎で最高の眺めに思わず撮影停車(最初の写真です)。
ここで携帯をみるとありゃ、chicorinさんはもう直に到着するようです。

頑張って走りましたが到着はほぼ時間一杯。ブルベに限らずクローズタイムに追われるわたしです。

chicorynさん、お久しぶりです。そしてそこにはnoahponさんもこのところのお気に入りとなっている青虫号で。家族マイルをここで使って大丈夫なのか心配ですが久しぶりにお会いして嬉しかった。

ここでchicorynさんが湘南のmasaさんがくるとのこと。わお、65Km走っていい年の4人が海岸で立ち話。渋いです。

この後、4人でアイスです。以前このアイスを食べるため100Km走った方がいたそうですが今日わたしは往復130Kmを超します(笑)。

そして次は年末のオフ会でお会いしたakiraさんのお店にお邪魔。お仕事中に押しかけたにもかかわらずいろいろとお話を聞かせていただきました。

聞いているうちに納得し引き込まれていくお話でakiraさん”プロ”です、ちょっと感銘を受けちゃいました。

さあ時間もそろそろです、昼ごはん。地元の皆さんが考えてくれたお店はなんと”本日貸しきり”。
いや私は目の前に見えてるファミレスでも落ち着けるんですが(笑)。

運良く朝から走っているchicorynさんもお店を選ばない状態であったため近くのお店に決定。

あれ、”ちょっと海まで”といって出てきたはずのnoahponさんもご一緒です。お会いする度に家族マイルを使ってもらって済みません。でもおかげで楽しい食事会でしたね。

さあ、冬の日差しは短いですからそろそろお開き。masaさんとはお店で”ではまた”、noahponさんとも国道で”また今度”です。

ここからchicorynさんと横浜まで止まるたびにお話をしながらゆっくりと走ります、いやなぜか足が売り切れ気味(笑)。

ここからは一人旅ですが今日最後のイベント。
多摩川で20年前走っていた(ジョギング)していた周回コースの距離をサイコンで測ります。

2.49Km、路面に書かれていた距離が2.45Kmで一箇所大回りしていたのでほぼピタリ。

真っ暗な川原、ブルベ装備でよかった。

この後はもう坂道はのんびり。段々足を止めることが多くなりまるっきりの売り切れです。

とっても疲れましたが普段会えない人たちにお会いできていい1日になりました。
お付き合いいただいたchicorynさん、お休みに出てきていただいたnoahponさん、masa@あぁ、湘南のさん、そして仕事中だったakiraさんありがとうございました。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/01/13(火) 07:02:09|
  2. 走ってきました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今年のブルベまでに準備です(その3)

スポーツ自転車、特にロードバイクが増えているのを街を走っていても実感します。

これだけ走っているんだから長距離を走ってみたいという人も多いのでしょう。実際、神奈川県での開催されるブルベで見ても参加人数は急増それも倍々で増えてるんじゃないかっていうぐらい(大げさ?)。

ブルベでは200Kmからの認定(詳細はAJのHPを参照下さい)ですが走るとなると朝から晩までなんて人はともかくその辺ぶらりの人にはめちゃくちゃな距離です。

でもそんな特別な事をするわけではなく50過ぎの特にスポーツをしたわけでもない私でも走れます。

ただそれなりの準備をしなければ200Kmのブルベを完走できるかというと運任せになってしまいます。ということで準備ですが私は3つだと思います。

1)その距離を走れる健康と走力があること
2)ミスコースをしても復帰できる程度の土地勘をもつこと
3)整備された自転車とトラブルがあっても30分程度で対応できること

1)と2)はそれぞれその1とその2に書きましたので今日は

3)整備された自転車とトラブルがあっても30分程度で対応できること
についての私の考えです。

【普通に走ってればそんなに壊れる物じゃないでしょう】
毎日20Kmぐらい、もしくは毎週100Kmぐらい走る人はそうだと思うのですが空気さえ入れていれば一月ぐらいで何が必要なんて無いと思います。自動車のように買ってから廃車まで手入らしいことは洗車ぐらいなんてわけには行きませんが整備した自転車であれば壊れずに一月ぐらい走ると思います。トラブルが無ければ2~300Kmでも自転車って走れますよね。だから

ブルベで必要なのはトラブルが無いこと。

【要因が無きゃ問題も無い】
自動車だと居住スペースは普通の人が多少いじっても走行に問題(関係)ないと思いますが自転車ではトラブルがあると即、走行の邪魔になります。

だからトラブルの少ない実績のあるものを装備した自転車が一番。

【自分の使用実績のあるもの】
走る装備以外いるものって少ないですよ。前照灯、尾灯、ベル(どれも法定装備ですから普段からつけましょうね)。ギャップ通過で飛んでしまうようなライトは取替えて置かないと夜間走は厳しいです。

ライトも峠の下りでは左右に広く照射できるものがいいですがそれ以外はよくある円形照射のもので充分。

【トラブルには対処が必要】
手の混んだ物を付けてもトラブルで自分で対処できなければリタイアだし修復に時間がかかってもだめ。

だから予想されるトラブルは迅速な対応です。
・パンク
・ワイヤー切れ
・チェーン切れ

私に対応できるトラブルはこれぐらい。私には幸いにしてブルベでこれらは無いのですがFD(バンド止め)が緩むということがありました。家でやっても時間のかかるFD調整ですから出来たのは”アウターで走れるようにする”ぐらい。

パンクはチューブ交換が直ぐ出来ること。替えチューブがなければパッチを張って修理。タイヤが裂けても少しであればチューブを切って(パンクしたチューブを路肩のコンクリートで千切ったという話があります)補強して低圧でも走る。

シフトワイヤーが切れてもリアなら17Tに固定すればある程度走れるみたい(私に走れるかは?)。

【他には??】
あれ、サイコンは?っていわれそうですがもちろんサイクルコンピュータはあった方がいいと思います。でも雨で冠水して使えなくなってもこれでリタイヤは聞いたことがありません。

でもあったほうがいいですよ、もちろん。

雨に強くてとれちゃったりしないそして私の年齢だと走行距離が見やすい、がその次ですね。速度やそれ以外は無くても困りません。

同じようにキャリアは?と思いますよね。キャリアもあると手ぶらで走れるしいいとおもいますがトラブル発生したらリタイアか荷物を捨てて(コンビニから発送もあります)の選択になるのでどうするかです。

【信頼性】
ロードバイクでもMTBでもミニベロでも自転車の車種・グレード関係ないです。今あるものでOKでとにかく大事なのは整備された、ということ。もちろん整備されたということはライト・ベルは必須です。そしてブルベの場合には尾灯も必要ですがなにより壊れるかもなんて心配が少ない信頼できることが一番じゃないでしょうか。

自分で整備に自信の無い場合には信頼できる知人、お店に相談です。
”これで200Km走って壊れません?”とお願いしましょう。

【後は練習】
もちろん整備充分でもパンクはします(私はブルベで経験無しですが)。各所緩みも出るかもしれません。ワイヤーが切れるかもしれません。チェーンだって切れます。

だから練習しておきましょう。ブルベ前にタイヤが減っていたら自分で交換が良い練習になるでしょう。チェーンが錆付いていたら自分で交換すると覚えます。

結構大変です。でも練習しておけばこれらのトラブルなら30分で対応できるでしょう。

これだけ準備しておけば200Kmのブルベは十分走れるんじゃないでしょうか。普段から100Km程度を走る人であれば大丈夫、問題ないでしょ?後は走ってから必要な物を考えましょう。

【お勧め】
1.ドロヨケ
雨が降ると路面のハネアゲを受けます。後輪だけでもつければジャージがきれいです。リクセンカウルをつけてる人はリクセンのステーとシートチューブを使って幅広のテープを貼ればよさそうです(人のを見ての感想)。でもつけて当日初めて走るんじゃ無くて、です。

2.ライトの固定方法
ライトは照射方向を左右に動かせる物がいいです。真っ暗な九十九折の下りでは左右に広い照射があると走りやすいですが右コーナーでちょっと右を、左コーナーでは左と動かせ便利です。

【結局は自分】
もし、パンク修理が出来ないのであれば早速練習しましょう。そういう私も年に1回(弱)なので自信がありません(笑)。
装備の工夫も経験です。輪行するのにミッシングリンクでチェーンを外しRDを外してカバンに入れている人を見たときには目からウロコでした。

さあ、書いたことは自分で出来るようにしないと(笑)。
  1. 2009/01/10(土) 11:12:11|
  2. ブルベ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今年のブルベまでに準備です(その2)

ブルベは私のブログによく出てくるキーワードの一つですがその説明は運営して頂いてるAJのHPにお任せしてこれを走ってみたいという方にブルベを3年走った50代のアドバイスその2です。
その1からの続きです)

ブルベの距離は200Kmからとなりますが普通に考えれば常識はずれな距離です。でも人並み(以下)の体力があり普通のスポーツ自転車を準備すれば走れます。特別なトレーニングを積んだ人が特殊な道具を使わないといけないものではないです。

とはいえ、それなりの準備は必要で、その準備のほとんどが自分です。道具をお店で買ってきたらOKはまずありません(本当は全然ないと思ってます(笑))。それだけに完走したときの達成感はひとしおですが。

その1で書きましたが私が考えるブルベに参加して、そして完走するために必要な物は3つです。
1)その距離を走れる健康と走力があること
2)ミスコースをしても復帰できる程度の土地勘をもつこと
3)整備された自転車とトラブルがあっても30分程度で対応できること

今回、その2としてコース知識としての準備を考えてみたいと思います。

2)ミスコースをしても復帰できる程度の土地勘をもつこと
【準備が必要】
ブルベは決められたコースを走ったことを認定されるわけですからそのコースをミスコースをしないことが必要になります。そのために参加者はブルベの主催者から示されたコース案内を元にスタートまでに走行中にコース間違えないための準備をします。

コース案内はQシートやコマ図というもので作られますが基本は”何キロ走ってどちらに曲がる”です。これで間違えずに最後まで走ればいいのですが参加者にはいくつかの試練が待ち受けています。

【試練が不安を誘う】
・Y字路で道が左右ほぼ同じくらい。
どちらかが正しい道ですが片方はわき道。間違えたとわかった時点で戻ってくればよいだけですが自転車の場合ミスコースして長い下りを降りてしまうとダメージが大きいです。

・一本道だけど右折(左折も)ある
何々街道という道を走っていることには違いないが直進とは限らないです。国道を走っているはずなのに狭い道に曲がっているかもしれません。何しろスタッフの方はどうにかして車が少ないコースを走ってもらいたいとがんばってるのですからわかりにくいところも有るかもしれません。

・そのほかにポイントの見落とし、逆に不要なポイントでの右左折など
どんなに準備をしていても走行中に曲がるポイントを見落とすリスクはあります。前の人を追走していても一瞬のことで見失うことだってあります。

【一人でゴールまで走るために】
まずコースの概要を把握して走っているときに今自分はどこに向かっているのかをつかめること。

これがわかっているかどうかが大切になります。もし曲がり角を”一個でも間違えたら完走できない”なんて思ってたら曲がり角に来るたびに止まって確認したくなりますがそんな事をしていては走る時間が足りなくなります。

【先がわかっていると安心】
Qシートに書かれた曲がり角であるかに不安を持っていてももし標識がありQシートの次もしくはもっと先の目的地が標識に書かれていたら目安になります。また、ミスコースした時にも標識の指す地名が自分の予定した地名とは全然違えば早めにミスコースに気づくことが出来ます。

ではどうやってコースを把握するか。人それぞれだと思いますが

【目安】
交差点名が目印のコースであればその名前を走行中に見つけたときに思い出せる、道名やランドマークが目印ならそれを思い出せる程度には記憶すんです。

【地道です】
完璧になんてできませんが私は3日ぐらい前から毎日1時間Qシート(もしくはコマ図)を見ながらコースを確認します。全容がつかめたら自分に必要な事を書きとめた自分用のQシート作成します。
そして出来上がったものを見ながら地図でコースをなぞり必要であればメモを追記します。
(雨対策としてラミネートする場合、私は前日にお店に行くので1日前倒しで準備します)

【専用が一番】
自分用を作成する理由ですが
・字が小さくて夜間読めない(50代になれば普通見えない)。公開されているのをそのまま印刷しても情報を詰め込んであることが多く字が小さくて読めません。
・自分で必要だと思った事が書いてあるものが一番です。
・そして下準備でメモを書き込み、その書き込みをしたメモを持って走るのが一番です。

後はこのQシートを見やすいところに取り付け走行中もジャマにならないように、取れないように、(雨の日でも)取り替えやすいように(一枚で全コースは無理)、雨の日には濡れても大丈夫なように。

みなさんの装備を見ると一番多いのはドロップハンドルのSTIから出ている(シマノの場合)シフトケーブルにつけてハンドル上面に置いているのだと思います。そして雨じゃなければいいのですがケースに入れると取り替えるのが大変ですからそのあたりも工夫でしょうか。

メモは紙でなくてもGPSでもなんでもかまわないと思います。ただそれぞれのリスクと手間とを勘案して自分の走りに合ったもので事足りる物ということが必要なわけですから。
(本当は加えて”次の曲がり角もまで4Km”でその距離に対する感覚があるとよいのですが・・・)

【でも楽しみ方はいろいろ】
この準備ですがあくまで完走に対するリスクを減らしたいという視点で書いてます。
もちろん下調べ一切なし、初めて見るQシート(GPSでも)を頼りに走るのが好きというのも楽しみ方だと思います。他にも前年と同じコースであればブログを検索すると見つかるかもしれませんがそんな物は見ない!というのも新鮮な気持ちで走れてよいと思います。

私もある意味この考え方で自分のブログには具体的なコース情報はなるべく書かないように。書くのは私にとってのイベントだけにするようにしています。

えらそうに書いちゃいましたが気が引けて来ました(汗)。でもここまで書いちゃいましたから次のその3で完結させます(汗)。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/01/05(月) 01:01:28|
  2. ブルベ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

新年おめでとうございます

2009年正月の写真
あけましておめでとうございます。
  1. 2009/01/01(木) 14:30:58|
  2. つれづれに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

プロフィール

おいちゃん

Author:おいちゃん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する