Archive2011年03月 1/1

停電、困るんだろう

関東全域が停電になると困るし100Vが80Vになっても困るしじゃあどうするか。より良い案を考えることができる人たちが考えたものが今行われている計画停電なのだと思う。電気が止まれば困るところはある。それは止まるかもしれない電気に依存する環境を推し進めてきた人が責任をとること。今の停電で”困りますねぇ”だけの放送をみてると情けなさ過ぎるし視聴者に与える影響、ほとんど扇動と言っていいレベル、を考えるとこん...

  • Comment 0
  • Trackback 0

情報の公開が重要

私の暮らす東京でも放射能レベルが上昇しています。いまどうのというレベルではないといわれていますが不安かられ関東を脱出している人も。でもどうでしょう。アジアの中でこのように放射能レベルが公開されていたり原因について論評が出来る国はどれほどあるのでしょうか。シルクロードにはいろんなうわさがあります。でもきっと事実なんだと思いますが今のデータは?日本でも昔は怪しい状態が蔓延していて公害についての情報、薬...

  • Comment 0
  • Trackback 0

これから

まだ原子力発電所の事故がどうなるかもわかりませんが少なくともこれまで通りの電力供給は当分なさそうです。海水注入の時点で今後の利用は考えられないとの情報だったし現地の心情的にも運用再開はないでしょう。では火力発電を増やす、それは資源を輸入する日本ではNG、そしてCO2の排出制限としてもダメでしょう。いまは暖房などを控えて節電を呼びかけられていますが都市部の夏の暑さは冷房がなければ死者がでる状態だけに...

  • Comment 2
  • Trackback 0

日常を見直す時

今回の東日本大震災でわたしのいる東京は被災地とはいわれていません。実際には被災された人もいるのですが意識としてそう思っていない人が多いように感じます。はやくこれまで通りの生活ができるように・・・、なんてことも聞こえるのですがどうでしょうか。例えば節電。私の家族ですがこれまでいくらいってもダメだったのに今は頑張っています。これを設備が復旧するまでの我慢、といって欲しくないのです。やらなければならなか...

  • Comment 0
  • Trackback 0

この季節の屋外で夜明かしをするということ

私は300Kmのブルベは苦手です。何故かと言うと開催されるのが2~3月だからです。300Kmになるとゴールに戻ってくるのは深夜になり寒さが厳しい中走ることになります。夜間に走りトラブルがあると0度程度の気温の中で対応しなくてはなりません。寒さに強い人ならともかく順調にトラブルなく走れることが必要で不安が残ります。200Kmなら夕方帰着して夜にはもう帰りの電車に乗っているのでよいのですがやっぱり夜間...

  • Comment 0
  • Trackback 0

被災地で不足しているものをできるだけ買わない

私の知り合いにも被災している人がいます。そして不足しているものはガソリン、燃料、水、食料。鉄道が途切れても本来なら大量の荷物を運ぶことは可能です。なのに何故か不足してしまっています。買い占めるお金があるなら義援金に。なぜ買い占める人がいるんでしょう。被災地の人たちを苦しめているんです。なぜ交通網を阻害するんでしょう。都市部では労を惜しんで乗る自動車が生命線です。不要な危機感を煽動するニュースキャス...

  • Comment 2
  • Trackback 0

東日本大震災

日本を襲った大地震。東京は大きなゆれに公共交通の停止になりましたが幸いなことに停電も無く携帯網、インターネットが機能していたため混乱が少なかったと思います。情報があるということがこれほど大きな力になることを改めて実感するとともに逆にこれが無かったならばどうなったか恐ろしさも感じました。13Kmほどの帰路でしたが人々が協力し合いながら歩いていたことを強く感じました。多くの人が歩いていたので狭い歩道は...

  • Comment 0
  • Trackback 0

今週はカレー

weathermanさんのブログで柏のボンベイ(カレーのお店です)が再開されたと知りました。これはもう行かないとおさまりません。途中でスカイツリー。目新しいことは間違いないですがそれだけで人が集まるか。地方のテーマパークという名前の遊園地を見る限りは難しそうです。今日は暖かい一日でした。防寒用のジャージは金町でリュックの中に。6号線を真っ直ぐ走ったのですがアップダウンがあるんですね。昔はモーターバイクだった...

  • Comment 2
  • Trackback 0

年末からの減量、その後

年末から始めた余分削減ですがこれまで2~3Kgの減量はいつでも出来る。なんて思っていたのが大間違いでした。1月下旬のマラソンの時でも足を痛めて走れなくなったら即リバウンド。そしてその後も快調に増え続け(泣)、ついに50を超しました。体脂肪との比較で言えば脂肪の増加は少なそうなのでよしと・・・、したいです(笑まあ、千葉の落花生はおいしいなあなんていいながら日記かいてるようじゃあぶないですが。...

  • Comment 2
  • Trackback 0