FC2ブログ
by
  • Comment:2
  • Trackback:0

PC2にはスタッフのKANATREKさんがいらっしゃいました。
無人PCといいながら何かとサポートをしてくれるAJ神奈川です。

一緒に到着したむつさん、炎の鉄人(関西からの参加でこの呼び名はKirkさん)さんとちょうど3つあいた席に座り休憩です。日も陰りこんなのんびりしちゃうともう終わりみたいですがまだ4分の1。それに峠を越えたばかりですがこれからさらにメインの峠越えです。

カップヌードルを食べておにぎり持って、でもなかなかスタートできません(笑)。

ここでもそれぞれのブルベでした。
600Kmぐらいなら力強く走りきってしまう人達がリタイヤを相談しています。体調が優れないようです。

しばらくしてやってきたhiroさん。変速機の故障でリタイヤです。ロー側のギアが使えなくてはこの先走れません。今日は体調がいまいちのゆともさんと帰路に着かれます。

なんか寂しくなりますが重い腰を上げ夕暮れ迫る麦草峠に向かいます。

最初は高原を走っている雰囲気ですがすぐに登坂に入ります。
鉄人さんはたんたんと登って行かれます。強いなあ、自分からは休憩とかペースダウンの言葉は出てきません。

むつさんも39T×25Tでこの登りを行きます。

私?すみませんトリプルですが休みま~す、ばっかりでした。
無理して膝を痛めてしまいそうなのもありましたがもうダメです。休み休みです。

途中からは押しも入り鉄人さんには先行して頂きむつさんと2人の登坂でした。

でもこの押しの入った登坂、楽しい時間でした。
登坂中

自転車が無ければお会いすることの無い方と話をしながら夜の山道を行くなんて楽しい時間です。

そういえば途中、もう一人の参加者とぬきつぬかれつだったのですが声を掛けるだけでお話しなかったなあ。

峠の様子は反対側からのヒルクライムに参加したことのあるむつさんに伺っていたので峠の看板で着替え・撮影です。
着替え後のむつさん

一人ここで仲間を待っていた人がいますがすごいなあ。私には絶対に無理です。真っ暗なんです。人いないんですよ。サルや鹿はいそうですが。

下りの途中でむつさんのライトが片側取れてしまうというアクシデントがありましたがゆっくり安全運転で下りました。

実は安全運転の下りになれていません(笑)。ブレーキレバーを引きっぱなしで手がちょっとしびれました。

さあ、何はともあれPC3到着。信州の佐久町です。
時間は22:06でした。

主催のMt.Furuさん、こんなところまで巡回に来てます。無人PCだったんじゃあ(笑)。

ここでもいつもの暖かい励ましを、”輪行袋は着払いで送っておきますね”。Mt.Furuさん、モチベーションを上げてくれます。

絶対に23時、座間に戻ろう!

本当はこの時点で次のPCにタイムオーバーかもと思ってました。だってまた500mぐらい登るはずですから。
ここでも休憩していると時間ぎりぎりに湘南自転車オヤジさん到着です。

勢い良くやってきて柵に突っ込んじゃったかと思いましたが時間ぎりぎりだったのであわてていたようです。

そういえばこの方、ブログの雰囲気から想像すると隣にいても絶対にわかりません!”オヤジ”という言葉から発する雰囲気はありませんから。

そのうちにtakaさんも到着。

本当はタイムアウトですがまだまだ3分の1越えた所です。

次です、つぎ行きましょう!

3人で

鉄人さんは先行しましたので、ここからむつさん、湘南自転車オヤジさんと3人で進みます。

スタートしてしばらくするとバンドエイドストップ。詳細は内緒です。

ここでも結構アップダウンがあります。先頭を走っていたのですが不安になるのは下り坂です。もしミスコースしたら引き返すためには登らなければなりませんから。

今回はキューシートはほぼマスターしたので夜間装備してきませんでした。実際、この区間でキューシートが必要になることはなかったのですが一箇所どうしてもわからず3人で相談になりました。

ここで助けてくれたのはむつさんが取り出した境川のmasaさん作製の地図。すばらしいです、3人の不安は払拭されました。

そして峠の前にはMt.シーモ(これは某千葉の副会長が言ってたんです。私じゃないです)さんがサポートしています。

Mt.シーモさん、後光がさしてます。

湘南自転車オヤジさん御推薦の梅よろしを3人とも選び休憩です。ここで次の時間内は難しいと言われますがとにかく先へ、です。

Mt.シーモさんにお礼をいってトンネルへ向かいます。

ここへ来てクライマーむつさんは強いです。500mぐらい登坂なんですが39T×25Tでどんどん登って行きます。
むつさんがコンパクトを使わないのはきっと”いらない”んだと思いました。

いつか自分もトリプル脱却と思いますが可能性は・・・。

トンネル後のダウンヒルは一気に行っちゃいました。その後のフラット部分も一気に。

さあ、山場をクリアして折り返しPC4、信濃池田会染に到着です。(4:00)

時間オーバーしてますがそんなことより食べ物、睡眠です。
お腹がすいて眠たくてたまりません。をそのまま体現した行動で一気に仮眠です。

途中ふっとからだの上に何かがかけられ暖かくなり快適な睡眠に(コンビニのアスファルトの上ですが(笑))。
Mt.シーモさんがここで仮眠中の参加者に毛布をかけてくれたんでした。もうしっかり疲れも取れ時間も・・・、5:30!
クローズ時間を2時間も過ぎています。ということは、600Kmの後半300Kmを借金2時間で走るんです。

ちょっとあせりましたが(本当はだいぶあせりました)Mt.シーモさん、”次までに取り返せますよ”。
後光のさしている人の言葉ですから信じます。

スタート前にむつさん、リタイヤ宣言です。200Kmの経験のみでこのブルベに参加してここまでくればすごいと思います。
荷物、ペースを調整すれば少なくとも私よりは走力がある方なので十分完走されるでしょう。

湘南自転車オヤジさんも別々で走ることに。

110Km先のPCへは一人で向かうことになりました。時間は・・・、5時間半無いじゃん。

本当にゆけるのかしらん!

その3に続きます
スポンサーサイト



おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 2

taka  

おいちゃんさんこんばんは、takaです。

PC3の写真はおいちゃんさんでしたか!?
実はこの時が一番辛くて、疲れと眠いのとでぼ~っとしておりまて、
誰か写真撮ってるな・・・としかくらい認識していませんでした。
ちょっと素っ気無い態度をとってしまったかもしれません。
本当に失礼しました。
どんなに辛い時でも明るいおいちゃんさんを見習わなければと思いました。

2007/09/28 (Fri) 23:46 | EDIT | REPLY |   
おいちゃん(管理人)  

takaさん、こんばんは。
お疲れのところ勝手にすみませんでした。
でもちゃんとポーズをとってもらってますよ(笑)。

十分明るいです。

2007/09/29 (Sat) 18:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply