by
  • Comment:2
  • Trackback:0

そりゃ自分だって言っていることが変わることはあります。
以前は白が好きと言っていたのが赤が好きと言ってみたり変化することが無いわけじゃないです。

しかし自分の好みをつづった物と違い主義主張として多くの人々に宣言した物をあっさり投げ出すような人間は信用できません。

年金の問題について解決すると言って宣言しておきその主張で選挙の得票を得た人間が期限までにできないという。頑張ったが力及ばず、ではない。

”できるなどと言っていない”というのだ。ましてや選挙の時の言葉だから、などという。

最大限の努力をしたのかも何もわからない。ただできないといい闇に葬ろうとする。解決まで年数がかかる、つまり対象の人々には物理的な解決をせまっているのだろう、早く寿命を全うしてくれと。

激しい言葉で憤りを見せいかにもな様子を見せても結果は同じ。このような人間に投票した人たちは自分の責任として感じて欲しい。自分が投票したからこんなことになったんだと。

政治家が情けないのではない、投票した人間が選んだのだから。

政治家だけではない。強く強く否定しておき立候補の宣言をする。出来ちゃった婚を否定し続け本場所中の行動を隠そうとした少し前の誰かと一緒。

最初から信頼に値しない。
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 2

noahpon  
消費税も…

こんな調子かもしれません。何を信用していいやら…あっスンマセン愚痴ってしまいまして(^^;;

2007/12/17 (Mon) 23:59 | EDIT | REPLY |   
おいちゃん’(管理人)  
出来る事をするだけです

noahponさん、こんばんは。

もし私が今回の年金問題に関わる政治家に投票していたら後悔すると共に他の政治家を選んだ人に対して申し訳なく思うでしょう。
そして次回の選挙では同じことはしません。

また、いやなニュースの時ほどあきれて見せるだけの解説に嫌悪感を持ってしまいます。
原因は?対策は?これが大事でしょうってね。

2007/12/18 (Tue) 01:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply