by
  • Comment:4
  • Trackback:0

4月は月初に房総サバンナオフを走り月末には400Kmのブルベで1000Km超えと思っていたら・・・。

994.4Km(笑)。ロードで300Km、MTBで690Kmです。

やはり私の場合、走った距離がそのまま調子よさにつながるようです。昨年の400Kmはどれも沢山走っているときで気持ちよく走りましたが今回の400Kmは途中でダウンでした。

自転車の知り合いにはケガの話題がどうしてもあります。ブログを巡回しても骨折の会が出来そうなぐらいですが今のところ皆さん復帰して走られています。

大きなケガをすると完全復帰と言っても何らかの後遺症があると思うのですが皆さん強いです。

そういえば”自転車事故が起こったから自転車禁止”ってどう思います。
私の会社でもありました。自転車で通勤の方が自動車に轢かれました。

自転車が危険で禁止なら交通事故を起こすような自動車も禁止。これが先入観無しの判断と思います。ただこれは消極的というか後ろ向き過ぎる対策でもっと考えることが必要です。

でもここでおかしいのは自動車禁止が誰の考えにも浮かばないことです。

何故そうなんでしょう?その背景は?いつから?

時には当たり前と思っている事をもう一回考え直すといいかな、などと思います。

自分の考え、なんていったって教えてくれる人がいなければ人間なんて字も書けなければ言葉も話せないんだからたまには自分を振り返ってみるのも良いかもしれません。
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 4

boss  
自転車通勤のリスク

湘南のmasaさんの件もありますが、自転車通勤のリスクです。

今回私の片道28kmの自転車通勤を申請すると前例がないということで本部でずいぶんもめたようです。

結局は認められたのですが、通勤のくくりは自動車通勤と同じです。

自動車では片道100kmはいるらしいです。

自動車は前例があり自転車は前例がない。

いかにもお役所的な発想で・・・(お役所なので(^_^;))

ほんと自動車で携帯電話しながら運転している人がたくさんいてもその人たちは前例で許されるのでしょうか(^_^;)


なにか納得行きません。

でも、なにに乗ろうが結局その人の人間性が問題なのかもしれません(^_^;)

2008/05/01 (Thu) 20:23 | EDIT | REPLY |   
おいちゃん(管理人)  
リスクの低減

◎bossさん、こんばんは。
最初に長距離の自転車通勤、お気をつけて下さい。

コメントからは自転車としての前例は無いが自動車と考えると他に100Kmの通勤も許可しているので28Kmも許可した。ととれました。
自分で判断は出来ないから前例に当てはめると・・・、の発想というか責任回避。
28Kmの自転車通勤を評価して判断は出来ないのでしょう。

確かに一家の収入源である働き手に何かあったら一大事です。それを考えると許可した責任を問われたくないのだと思います。でも本当は認可者にはその責任があるはずなんですが。

後、私には納得できないのは被害者には甚大な被害があり家族が居れば事故の遺児など苦しい生活が降りかかるのに加害者にそれが少ないことです。
何故日本の制度はこうなってるんでしょうか。

2008/05/01 (Thu) 22:48 | EDIT | REPLY |   
パテラ  

おいちゃんさん、こんにちわ。
私の場合、バイク通勤で申請していたのですが、すったもんだした結果2度の事故とも公務災害で通りました。
ガソリンの値段が上がって不要不急の自動車の数が減ったら少しは都会の自転車乗りも楽になりますかね?

2008/05/02 (Fri) 17:50 | EDIT | REPLY |   
おいちゃん(管理人)  
どんなに注意しても絶対はないですから

◎パテラさん、こんんばんは。
一度怪我をされて相当に注意して通勤されていたと思います。それでも続いての事故からは本当にどんなに注意していても事故は起こるんだと。

だから認められていない場合に無理は禁物と思っておとなしく電車通勤してます。

>不要不急の自動車の数が減ったら
これによって失っているものってあまりに沢山有って悲しくなります。

2008/05/02 (Fri) 22:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply