by
  • Comment:0
  • Trackback:0

私の仕事は情報を集めて報告したりすることが多いのですが他の人と話をしていてあれっということがありました。

データを見るのならこのデータを見たほうがいいから指示のあったものではなくこっちのデータを報告するというのです。つまりどんな物が必要かを自分で判断しちゃうんですね。

でも考えて見ると決断を下す人がどんなデータを見たいかはその立場に無い人間にはわかりません。ですから情報に意図を加えても意味がありませんし誤った決定が出される原因になってしまいます。

本質を見失っているケースだと思います。

オービスの裁判について”詳しい方”がコメントをしていました。オービスが絶対に正しいとはいえない。なのにこれで取締りをやっている。全国にたくさんある。問題だ。

完全に問題を取違えています。スピード違反が多いから、いやスピードを守っているところがオービスのところぐらいしかないのが問題なんです。

高速道路だって100Km/h以上出してよいところはないのでそれ以上出せなくしてしまえば東名のオービスは不要です。自動車道以外は30Km/h以上出なくしてしまえば自動車事故は減るでしょう(自転車の人はわかると思いますが30Km/h以上で走っても目的地への時間はあまり変わりませんね)。

つまり方法はいくらでもあるんです。なのにこのようなコメントが出される理由は簡単です。安全より取締りをなくして無法状態で車を走らせること、このコメント者の意図はこれです。

まあ、考えればわかることですが本質を見誤る人も多いですよね。
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 0

Leave a reply