by
  • Comment:0
  • Trackback:0

SCOTT(MTB)の方はT-Servなのでトレッドを見ればすぐに減り具合はわかりますがロードのGhisalloはトレッドがないのでついつい交換のことを忘れてしまいます。

Ghisalloについているのはパナレーサーのストラディアスエリートライト(舌を噛みそう)の25Cです。
一本2000円しなかったはずですが装着してから一度もパンクしない頼もしいヤツです。おそらくチューブはタイヤと一体化していてとれないでしょう。

前回の交換は2008年の4月。まだ大丈夫~♪、なんて思ってたらサイドからカーカスでてきたので諦めたのですがあれからもう2年です。走行距離は7300Kmぐらいで前回は自転車を買ってから1年3ヶ月で7700Kmだったから(・・・)似たようなものです。

実際のところ2年たっていますが最近室内保管しているからかタイヤの状態は良いみたいです。そういえばその昔、就職したばかりのころ自転車を分解して押入れにいれておいたら久しぶりに出した時にタイヤが新品みたいだったことを思い出しました。

すごく丈夫に改良されているみたいですがタイヤに日光は厳しい環境であることは変わらないのでしょう。

そうそう、SCOTT君に着けているT-Servはもう3代目ですがまだ一度もパンクしてないです。Ghisalloについているタイヤの3倍以上の価格ですがこのタイヤが販売されている限り使ってると思います。
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 0

Leave a reply