by
  • Comment:4
  • Trackback:0

8月初旬のことですが会社で先輩が両手首にシップ、目尻から頬にかけて擦り傷で出社してきました。

時々江ノ島方面を一緒に走る自転車仲間なのですがこの人、ヘルメットをかぶりません。何度か奨めて購入するところまでは行ったのですがヘルメットをつけてきたのは数回だけ。

この自転車の集まりはヘルメット装着率が低いんです。全員持ってはいるのですがねぇ。

でね、自転車にノーヘルで乗るくせに家族は宝物、みたいなこというんですよ。

だから釘を刺しました。

家族のためにヘルメット被りなよ。大事な家族に迷惑かけたくないでしょ
てね。

どうなんだろうなあ。口では何のかんの言ってるけど怪我でもしたら奥さんに面倒見てもらおうグライしか思ってないんだろうって思われたって仕方ない行動としか言いようがないでしょう。

本当に家族のことをおもっているのなら

ヘルメットは家族への思いやりです

スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 4

ヒロ  
ヘルメットは大切です

ヘルメットの大切さは、事故をしてみないとわからないかもしれません。
私も事故をしてみて実感しました。

皆さんヘルメットは頭だけを守る物と思っておられるみたいですが
そうではありません。

私は今回の事故で、顔から車にぶつかってしまいました。
このときヘルメットをかぶっており、ヘルメットの厚みのおかげで
目を直接、車にぶつけることが無く
目の機能に大きな障害がなかったと思っています。

ヘルメットがなければ最悪失明もあったかなと
事故後にぞっとしました。

是非、会社の先輩の方にもヘルメットをつけるように
すすめてください。

ヘルメットはなれれば抵抗無くなりますから。

2010/08/20 (Fri) 08:47 | EDIT | REPLY |   
藤之助  
びっくり

同じ怪我の人が職場にいます。
ちょっと近所へ行くのでヘルメットは被らなかったそうです。
どんなに近くてもヘルメットにグローブは必需品ですね。
ジテツーしてると多くの人がノーヘルです。
ロードやピストに乗るなら転倒時は頭から突っ込む場合が
多いと思うので、絶対に被って欲しいです。

2010/08/20 (Fri) 14:50 | EDIT | REPLY |   
おいちゃん  
◎ヒロさん

お怪我の写真を見てヘルメットはなんで顔面は守ってくれないんだろうと思いました。
側頭部と後頭部はかなりガードしてくれるのにと。

私の知り合いはヘルメットをしてたら怪我をするはずのない目尻から頬の横、もみあげ部分を擦ってました。

私も立ちゴケ程度ですがそれでも転倒して2回、頭を打っています。1回は前に倒れて口元を切って2回目は側頭部を路面に打ちつけました。側頭部を打ったときにもしヘルメットがなければ、なんて考えるよりノーヘルなんてしないことを心がけるつもりです。

この先輩なんですがよくあるケースでヘルメットが嫌いなんじゃなくてかぶっているのを見られるのが嫌いなんです。
でも次回一緒に走るときにはヘルメット必須でもしかぶってこなかったら”じゃあまた”で仕切り直しにします。

会ったことはないんですがこの先輩の家族のために。

2010/08/21 (Sat) 01:31 | EDIT | REPLY |   
おいちゃん  
◎藤之助さん

甲州街道や環7、環8でノーヘルの人が多いですよね。
実際のところヘルメットかぶってる方が少ないですがその割りには高そうなサングラスに帽子で走ってる人もいます。
このいうのって必要なものを見分ける能力にかけてることをまわりに晒してるだけなんですけどねぇ。

でも私も実を言うとかご付き自転車でヘルメットをかぶれません。だから逆にかご付き自転車で遠くへは行けないんです。

2010/08/21 (Sat) 01:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply