by
  • Comment:2
  • Trackback:0

まだ原子力発電所の事故がどうなるかもわかりませんが少なくとも

これまで通りの電力供給は当分なさそうです。
海水注入の時点で今後の利用は考えられないとの情報だったし現地の心情的にも運用再開はないでしょう。

では火力発電を増やす、それは資源を輸入する日本ではNG、そしてCO2の排出制限としてもダメでしょう。

いまは暖房などを控えて節電を呼びかけられていますが都市部の夏の暑さは冷房がなければ死者がでる状態だけに相当難しいと思われます。

まだこの寒さの中ではありますが昨年は

冬冬冬春夏夏夏夏夏夏秋冬冬

だったことを思い出すとすぐに暑さが来る心配をしてしまいます。

そしてそんな対策をするのに手当、無料化などとただでさえ赤字の国の財布は大丈夫なのか。
そんな不安に暖房をしてない部屋の寒さをさらに感じさせられます。
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 2

ライオンK  
No title

我が家では数年前に太陽光発電を取り入れました。

もとをとるにはかなりの年数がかかります。

でも、環境や電力に多少は貢献していると思えることが
コスト以上のものだと思っています。

2011/03/22 (Tue) 11:39 | EDIT | REPLY |   
おいちゃん  
◎ライオンKさん

いまの電気代って収入に占める割合からいうと節電は経済的なものではなくてポリシーというかその人の生き方によりますね。
社会に貢献したい、という考えで。
私も数年前に実家の屋根の改装のときに考えたのですが費用面で親父に押し切られました。
私が出すっていったんですけどね(笑

2011/03/22 (Tue) 23:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply