by
  • Comment:0
  • Trackback:0

今年最後のブルベ、完走は出来なかったですがまあいろいろありましたので記録ということで。

ブリーフィングも終わり順番にスタート。
金縛り状態ですのでゆっくりと検車の列に並び後ろの方から。

6時と7時のスタートの7時スタートで後方からだともうすぐに最後尾かなあと。
実際いつもそうですが走っているとよく抜かれます。

おまけに今年のブルベ、知り合いでもいなければ独走。
よく言えば自力で、その実態は人に合わせて頑張る気持ちがない(笑)

ぎっくり腰になるといつも寝返りも出来ずに寝ているばかりなのに不思議なことに自転車には乗れます。
そりゃ踏ん張れませんからスタートや加速はできませんがゆっくりスタートしてじわじわ加速なら多少遅いかなあぐらいでブルベ続行できそうです。

そんな調子で見覚えのある名栗に到着。
青梅まではそれほどの登りはないと思っていたのですがいつもと一本違う道。

短い登りでしたが斜度がキツイ。
腰に痛みが走ります。

以前は軽いギアで余裕があれば回転を上げる登坂でしたが今年になって回転は気にせずトルクをかけて登るようにしているんです。
これで少し楽に、ちょっぴり速く登れるようになった気がします。

でも今日はトルクかけれません。
自転車って腰で乗るんですねぇ。

そのいたみも走ってるうちに慣れてくるんですがだんだん負担が蓄積してくる感じは否めません。

そろそろ五日市駅前というところで声をかけられます。
sakakazeさんでした。

輪行でスタートに間に合わないと言ってたのにもう追いついたんだ。
速いなあ、ロード練習の人を追いかけて行っちゃいました(笑)

そして上川乗を曲がったところでスタッフのリュウさんが車で追い越してゆきます。
ここでも”生暖かい”声援をもらって。

そして登り。
ななすたさんに抜かれます。
結構スピード差があるのにどこかで補給でもしてたのでしょうか?

この登り、きつかったですが高校生ぐらいのグループが何組も走っていていい雰囲気の道でした。
女の子も一緒に登っていましたが強いなあ、こんなところを押しもしないで登れるなんて。
ヘルメットもかぶってたし好感でした。

このあとの国道から曲がったところでゆともさんに抜かれます。
少しお話ししてゆともさんともさようなら~。

それにしても今日は車が多いなあ。
すれすれのところを走る車も多い。

それって飲酒運転と同じ危険運転だってわかってないんだろう

きつい登りが続きますが道志みちにくれば傾斜は緩かったと。
でも道志みちについてすぐに両国橋の登り。こんなに力なかったかなあ、降りて押したくなりましたが立ち漕ぎでクリア。

このあとは緩やかな斜度に助けられてPC1:92Km地点に到着。
心配だったクローズ時刻に45分を残してセーフ。

でも自転車から降りれません。
支えてる足が崩れそうだし右足はサドルをまたぐほど上げれない。なんとか足を抜いて降ります。
よかったXSサイズのフレームで(笑)

se7enさん、モカ姉さん、ゆともさん、ななすたさん。
よかった、もうみんないないかなあと思っていました。

腰はもうこれ以上ダメっていってるのはわかるけど次まで行たいなあ。

座って食べたら立ち上がるのに苦労して自転車にまたがるのに苦労して走り出します。
動けなくなったら川口湖から帰ればいいかな、なんて。

さて山伏峠へ。
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 0

Leave a reply