by
  • Comment:0
  • Trackback:0

ノーブレーキの自転車が危険な存在であるとか自転車のマナーが悪いとかいろいろ取りざたされています。

自転車にブレーキが無ければ危険なのは当たり前。いくら固定ギア(この意味がわからない人説明は難しいですが公道で車を楽しんだら危ないのと同じぐらいに思ってください)でも飛び出しのあるところではたとえ15Km/hだってお話になりません。
制動をかけるまでの時間が長すぎ。また後輪だけの制御では足りないのはタイヤのついた乗り物すべてに共通です。

でも見通しの効く一本道で制動をかけるまでに充分な時間があるところでは。
そして卓越した技術をもつ人であれば。

こうして条件を絞り込んでゆくとどうでしょう。
リスクは0ではないですね。自転車を追い抜いた車が急に左によって停止することもあります。

未熟な人であれば車に激突。
30Km/hも出ていればそう簡単に止まりませんから。

でもスポーツ自転車にたけた人であれば。
整備された前後ブレーキがあれば30Km/hでも3mで止まるんです。

周りの状況に気を配っていてさらに自転車をコントロールする技術があればよけることも可能でしょう。
一瞬で判断して後続に対して手信号で制することも。

こんな人たちだって10年の間には1人ぐらいけがをするかもしれません。
きっとけがをするのは自分であって相手は自動車。

郊外の道を制限速度をはるかに越えたスピードでドライブを楽しむのは当たり前でノーブレーキ自転車はダメ。
日本の文化レベルって本当に低いな
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 0

Leave a reply