by
  • Comment:2
  • Trackback:0

気温が5度以下になった頃からですがシフトワイヤーの動きが渋くなりました。

MTBのリアシフトワイヤーは軽くディグリーザーで拭いた一時しのぎをしましたがフロントを久しぶりに使ったらまるっきりだめでした。
この際、全部交換・・・、と思いましたが自分でやるよりアウターの長さも合ってない気がするしプロにお任せに行きたいところ。
でも明日はお休みだったなあ。

どうしよ?
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 2

藤之助  
んーと多分ですねw

ディグリーザって油分を取っちゃうので、それで拭いちゃうと動きは渋くなるって理解できます。
せめてラスペネならノー問題ではないでしょうか。

あと、アウターの切り口はつぶれてませんか?
カットした後は千枚通しで形を整えて、切り口をヤスリで綺麗にしてあげると長持ちしますよ。

アウターを変えるとモサーッとしていたのが、シャキッとしますね。
娘のママチャリで変化の大きさにびっくりしました。

日曜日はお店主催のイベントを秩父でやってるので、月曜日以降ですねw

2012/01/15 (Sun) 00:21 | EDIT | REPLY |   
おいちゃん  
◎藤之助さん

ディグリーザーを使ったのは抵抗の原因がグリスの古いのが固まってるからなんです。

昔のものと違って今のワイヤーはステンだからさびることはないのですが藤之助さん言われるようにアウターですね。

アウターをジャンク状態で購入してから換えてないというのが最大の問題なんです(笑)。

2012/01/15 (Sun) 13:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply