by
  • Comment:4
  • Trackback:0

そんな言葉があるのかどうか知りませんが。

ブルベを特集した自転車雑誌が話題になっていたので久しぶりに自転車雑誌を買いました。
皆さん楽しそうにブルベを走ってるなあというはもちろんですが私の目を引いたのは古い自転車。

ルネ・エルス、記憶ではルネルスなんていってたと思いますが自分の思う長距離自転車が具現化されていました。
名前は知っていたのですがもう60年以上前だとは思ってませんでした。

理系の技術屋で長年ソフトウェアをやってた理屈屋な私。

100gの差、300gのパーツで100gの差は大きいけど推進力(特に登坂力)から考えるとパーツじゃなくて自転車じゃなくて人と荷物とすべてを足しあわせての100g。

どら焼き1個の方が大きいな(笑)。

一瞬の瞬発力でドラフトに着かれることなくスプリント、やりませんしできません。
だから踏み込み時の剛性、が気になるほどの力はありません。

が高速コーナーでよれるのはいや。

ところでフルカバーの泥除けと簡易な泥除けの性能差って大きいです。まして無いのと有るのじゃ。
土砂降りのブルベ。雨が上がった最終PCでロードはブレーキシューのカスでうす汚れているのにnoahponさんのスポルティーフ、まるで水洗いしたみたいに綺麗だった。

立ちこぎしない人ならともかくハンドルを持って車体を左右に振る時。
重量物があってもいいのは両手の間、ここ以外にないはず。

ということであんな自転車がまた流行ったら考えましょ(笑)。
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 4

海豚  
憧れのガード付き

特にフロントのマッドフラップに憧れております。
最近は、ママチャリにも付いてませんネェ~。
我が家で付いているのは例の実用軽快車のみ…加えてフルガードのチェーンカバーも付いているので雨の日も最強ですv(^^;
ブルベ特集、本屋で見掛けないのでアマゾンでポチッとしました。
早く届かないカナ~と、待ち遠しいです。

2012/05/14 (Mon) 22:06 | EDIT | REPLY |   
おいちゃん  
◎海豚さん

その軽快車といえばあの伝説のブルベ完走した自転車ですね。青葉も静岡も走ってる…。
私思うに今のスポーツ自転車、ドロヨケとキャリアが足りないんです。

荷物を不自然に取り付けてみたりごみだらけの道路上の水を顔にあびながら走るスポーツ自転車ってなんか変。

60年前の自転車の方が合理的に感じるのは私だけ?

あ、でもSTIは必須です。ダブルレバーだと車の多い街中は怖くて走りたくないです。

2012/05/14 (Mon) 23:26 | EDIT | REPLY |   
藤之助  
文系適当屋

自転車は軽いママチャリが最強じゃないかと思う今日この頃。
うちの娘の自転車はノーメンテで10年乗っても大丈夫。
パーツも安いしw

2012/05/15 (Tue) 02:44 | EDIT | REPLY |   
おいちゃん  
◎藤之助さん

軽いママチャリ=軽快車のことですね。
実際のところ街中でみるのはほとんど軽快車だと思います。
この台数による力はすごいですよね。ほとんど手入れしなくても動くし掃除と注油ぐらいしていればよく走る。
なによりズボンの裾をまくらなくても走れる、水たまりがあっても服が汚れないしましてや飲まない(笑)。
そして買い物をして持って帰れる。

別に万能と言っているのではなくこれだけの機能があります。それに対してスポーツ車は?
どうせ走行性能は生かせない。あるのは見た目!

レースなどの一部の人を除いたほとんどの人はそこでしょう。

でも60年前の自転車は必要な機能のカタマリ。ノスタルジーではなくよくできた機械としての魅力を感じます。

2012/05/15 (Tue) 09:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply