by
  • Comment:2
  • Trackback:0

ネットを見ているとこの”ワロタ”という表現をみる。
でもこれは私の使う笑ったではないようです。

例えばその1
ちょっと考える能力があればわかることだったのだけど考えることができる人に説明してもらって初めてその意味がわかった。わかってみるといままでそのことに気がつかなかった自分に気がつき笑うことでかろうじて体裁を保った。

例えばその2
多くの人がやらないぐらいの努力と研鑽を積んだ人にのみできる能力・成果にたいして理由も説明できないままにそれが低いレベルであるして自分のほうが高い位置であろうとする努力の現れ。

私は尊敬、賞賛の方が好きですけどねぇ。

日本には自嘲なんて素晴らしい言葉もあるし。
悪あがき、なんてふさわしい表現も。

でもそんな言葉を使う割には輸入物には弱いんじゃないかなあ。
身近な人であればとりあえず前には出させない。

出る杭は叩かれる。

そうやってるうちにみんなが遅れてゆく。
足の引っ張り合い・・・。
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 2

ライオンK  
言葉って大事だと思います

はやっている言葉を使っとけば、まあスマートだろう。って思う人が多いように思います。

はやり言葉で話すより、自分の言葉ではなすほうが
好きです。

そのほうが個性があっていいと思うんです。

2012/06/05 (Tue) 23:17 | EDIT | REPLY |   
おいちゃん  
◎ライオンKさん

こういう言葉を使うのって人とのコミュニケーションを避けている、もしくはしたいけど勇気がなくて出来ない人だと思います。

言われるようにスマートっぽく少しひいてときには語尾を濁して。
あいまいな言葉で意思疎通は出来ませんよね。

2012/06/06 (Wed) 22:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply