by
  • Comment:4
  • Trackback:0

自宅のインターネット接続をADSLの12Mから切り替えてもう半年ぐらい。
速くなるかと思っていたWEBの表示、期待はずれでした。

でも原因は回線じゃなくてパソコンのようにも思える。

私のパソコンはWINDOWS XPですがLINUXも入れてます。
VINE LINUXですがこちらからだとサクサクっと表示されます。

実のところこのVINE LINUXで不便はありません。
パソコンで使うのはWEBとメール。そしてOpenOfficeのワープロと表計算ぐらい。
あ、あとGIMPも使います。

ワープロにしても表計算にしてもこんな高いレベルのソフトウェアが無料で配布されちゃうんですね。
たしかに高機能・便利なインターフェイスのソフトが売られてますが使えませんから。

職場でも表計算を一日中触ってる人が多いです。

でもVLOOKUPぐらい理解したら仕事の効率も質も上がるのに。
ほらピボットテーブルを使わないから手作業で間違える。
せめてSUMIF関数ぐらい使わないから間違えてる箇所が見つからない。

最初から無理があるんですけどね。
設計もしないでA4で数ページにもなる表を作っちゃうから他の人どころか自分でもわからない(笑)。

人の能力を測らないで同じ仕事を、ってパソコンの場合は効率が悪いとかのレベルじゃなくて無理かなあと。

まあ、人の能力を数値化なんてしたら隠さなくてはならないし、外からは見たらわかるんですけどね、判定する度量はかなり必要。
日本人には無理かなあ。

とまあ書きましたがWINDOWS XPでレスポンスが悪い理由を何も思いつかないのは悔しいので
1.IPV6
2.ウイルス
3.キャリアーがWINDOWS 7を優先してる

2はないと思うんですよね。いちおう対策してるし。
1と3、3かなあ。だって新規契約するとパソコンめちゃくちゃ安いし。
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 4

藤之助  
DNS

DHCPだと関係無さそうですがdnsの名前解決でレスポンスを悪くしている可能性もあります。
ディスクに読めない領域があってもレスポンスが悪くなりますね。

2012/06/16 (Sat) 15:58 | EDIT | REPLY |   
おいちゃん  
◎藤之助さん

あ、プロのコメント。
そうなんです、もちろんDHCPです。
DNSってインターネット側じゃないの?

HDDのトラブルでもそんなことがあるんだ。
ある意味面白いですね(笑)。

2012/06/16 (Sat) 20:50 | EDIT | REPLY |   
海豚  
IPv6

ド素人です(^^;;

実は、おいちゃんからの影響でVINEを使うようになりました(^^ゞ
自宅で死んでいたXPノートが生き返り、大変重宝しております。
現在、Ver.6に移行しようか悩み中。。。

以前、XPのブラウザにFirefoxを使っていた時に、
about:configでnetwork.dns.disableIPv6 を true に設定するとアクセスが速くなった事がありました。
そろそろIPv6への移行が進んでいる様なので、その様な小手先の対応ではダメになっていると思いますが、
アクセスが速くなった一例として…。

プロバイダがIPv6に対応していないという事もある様ですが、
そろそろIPv6に対応していない様な古いルーターはお払い箱なのかな?
と危惧しております。

2012/06/17 (Sun) 11:40 | EDIT | REPLY |   
おいちゃん  
◎海豚さん

内容から少なくとも私よりはできる方です。
古いPCを使うには再インストールとか方法はいくつかあると思いますが試してみると楽しくて。

ブラウザはFirefoxです。あれ、見られたみたい(笑)。
XPの方はだいぶ前から設定は引き継ぎながら使っているのでその影響でしょうか。
一度リセットしてみます。

2012/06/17 (Sun) 14:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply