by
  • Comment:0
  • Trackback:0

病院から退院してしばらくの間は自宅療養、
天使の園から地上に戻り自分で生活しなければなりません。

回復するまで自分のやることは普通に食べて普段の生活。
運動は歩くことぐらいで自転車は禁止です。

前立腺がんで摘出手術をした後の回復とは多くの場合には尿漏れが止まること。
人によっては退院後まもなく日常生活に戻れるらしいですが1~20%の人は長引くとのこと。

私はその1~20%でした。
尿漏れの対策は骨盤底筋体操ですがわたしが治療を受けた病院では手術後1ヶ月からこれをスタート。
それまでは自然回復のみ。

動かないときにはそれほどの漏れはないのですが動くとだめ。
つまり仕事に復帰は出来ません。

診断書では退院後1週間程度で就業可能となっていましたが。

職場でその辺におしっこをつけたら皆さんに迷惑かけちゃいますから。

職場の産業医も紙パンツとかいろいろ対策が可能といいますが

実際にそんな格好で1日椅子に座ってパソコンに向かって仕事は不可能です。
まあ実際にやって見せてくれたら従いますけどね(笑)。

自分ももちろん身に降りかかるまで知識はありません。
失禁や尿漏れに対応する製品はいろいろ出ていますが

量の多いもの:これは介護用で寝ている人なら使えるのでしょうが動く人には無理。
量の少ないもの:高齢の方ならともかく還暦前の私には足りません。1時間の移動はリスク含み。

紙パンツ、散歩に出かけるのなら良いかもしれませんが朝から1日はどうでしょう。
私は排尿量が多いのかなあ、体年齢は今回の療養でだいぶ上がりましたが32歳ですから(笑)。

冗談はさておき据わってると吸収帯は効力が弱いです。

考えればわかることですが、まあ私もそうですが自分に降りかからないとなかなか適切に状況を把握して善後策を出すというのは難しいです。

そんな具合のなか1ヶ月健診。
PSAは下がり貧血も解消、順調だそうです。
で漏れは骨盤底筋体操を始めればとのことばに来月からの回復を期待します。

という状況ですので1月中の職場復帰は出来ませんでした。
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 0

Leave a reply