by
  • Comment:0
  • Trackback:0

2年前の夏、2011年の8月に物置の屋根がさびているのを見つけました。

錆をサンドペーパーでゴシゴシ。
2011年8月その1
ゴシゴシその2。
2011年8月その2
でもさびているところ以外もよく見るとペンキがなくなっているような気がします。

この屋根ですがガルバリウム鋼板というもので作られているようです。

この材料ってテレビの番組ビフォーアフターでよく屋根に使われています。
確かに塗装が無くなっても簡単には錆が出ない丈夫な素材のようです。

でも購入して19年屋根板は手入れしていなかったのでさすがに物が落ちてきたり傷がついていたのでしょう、大分錆が出ていました。
10年目に塗装していればよかったのだと思いますが(汗)。

ということで屋根全体を塗装。
2011年8月完成

これで10年ぐらいは大丈夫かなと思っていたのですが。

翌年、2012年の8月。
ありゃりゃ。

ペンキが余ったので厚く塗りすぎたのかもしれません。
塗装にひびが入りそこから水が入ってしまったようです。
2012年8月

そこで2013年5月、再度の塗装を試みます。

先ずは錆の周辺をやすり掛け。
2013年5月その1

そしてヌリヌリ。
全体をきれいに・・・。
2013年5月その2

したかったのですが今回は部分的な塗装のつもりだったのでペンキの量が足りません。
2013年5月その3

まあ、錆止めして屋根の保護が目的ということで多少のムラは・・・。
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 0

Leave a reply