by
  • Comment:0
  • Trackback:0

この自転車、購入したのは2007年1月。
20130429ghisallo
もう6年。走行距離は21000Kmを超えたところ。

購入目的は600Kmのブルベを走る、そのため。
前年ブルベを走り自分の力でMTBでは400Kmまでしか走れないと思ったから。
まあそのうちブルベはMTBで楽しく走るようになるんですけどね(笑)。

この自転車(Ghisallo)で走った最初のブルベ、2007年の2月かな。
2007年埼玉300Km池田さんと
一緒に写っているブルーのスポルティーフはIさんの愛車。
実走に使うのが想像できないぐらい。
わたしなら床の間に飾っておきます。

この写真はその2007年3月のブルベ後。
2007年埼玉400Km
3月の峠道には融雪剤がまかれていてすぐにサビが出ました。
でこのときもIさんと一緒でしたがあの貴重品で参加されたのを見て絶句しましたが(笑)。

このとき得たノウハウ、春先のブルベで峠道を走った後は必ず水洗い。

何が言いたいかと?

ハイ、手入れはチェーンを換えた、タイヤを換えた、ブレーキシューを換えた、インナーワイヤーを交換。
あ、サドル。yoneさんとatsuさん、ありがとうございました。
それとトーストラップと後輪玉押し

これで21000Km。

分解はキライじゃないです。
できれば自分でやりたい。

でもアルミの雌ネジって分解する回数に制限があると考えてます。
こう考えるとロードのブレーキ周りはよほど必要がないと分解できません。

クランク周り、水がたまるクランクだとBBも痛むのでしょうがこの自転車は。
たまりません、ついでにこのホイール水が残りません。

パーツに興味があれば交換のための分解もあるでしょうが。
自転車業界の敵かな私(笑)。

でもアルミの雌ネジでの分解回数。
トルクにもよりけりですがその耐久回数、なれていないのであればやらない方が無難でしょう。

でも大事なことが
点検
と思ってます。これは自分でやらなきゃ。

おまけ
以前の写真を見て思ったのですが赤は退色しますね。
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 0

Leave a reply