by
  • Comment:0
  • Trackback:0

以前ネットの書き込みで自転車雑誌の方が何台もの自転車をまとめて盗まれた、とありました。

そうしたらネットオークションに明らかな特徴でその方の自転車であることがわかるものが出品されていたそうです。

そして驚くことはさらに。
まだ盗まれていない自転車までその方の自宅にある状態で撮影され出品されていたそうです。

工場なら在庫をかかえずに効率よく資材を使いたい、というのは常識ですが。

盗人がそれをやったのでしょうか。
盗んだ自転車を手元に置くことなく先に注文をとって盗んでくる。

犯人が特定されたようですが自転車の窃盗だけでなく家宅侵入など犯した罪は全て償わせるべきでしょう。

たくさん走った人にとっては想い出の固まりである自転車。
たとえ持ち主に帰ってきても盗人に触られることによってどれほどの痛手を受けるか。

窃盗に限らず法を犯せば償わなければならない痛みを受けた人がいるんです。

人の痛みがわからない人間にはわかるまで時間をかけてわからせるしかないでしょう。
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 0

Leave a reply