by
  • Comment:4
  • Trackback:0

東日本大震災で復興のための住宅建設。
震災からもう3年も経つのだから一通り終わっているのかと思っていました。

しかし建設人員の枯渇から目途が立たない状態になっていると。
すべての現場ではないと信じたいが人手がとにかく不足しているとのこと。

原因は東京オリンピックに向けた建設ラッシュ。
人手が不足すれば当然人件費も高騰。

予定した予算で建設できなくなれば途中で中止になってしまうのだろうか。

東京のスポーツ施設のために東北の人手が不足するなんて想像もつかなかった。
でも専門の人間であればわかっていたはず。

東京にオリンピックを、なんて誘致をした人たちが仮設住宅の遅れを生み出した。
おもてなし、1000年に一度の天災の痛手を受けた人を放置してやることじゃないと思う。
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 4

ライオンK  

おそらく
建設現場で働くかたたちには
悪い人はほとんどいないのではないかと思います。

もしいるとすると、こういう時に
お金儲けのことを考える人は
情けない。

東京オリンピックに向けて
頑張るアスリートたちもなにも悪くないと思います。

お客様をもてなすのは
大事なことだと思いますが
まずは
身内の困っているかたを救うことに
全力をあげてほしいです。

2014/10/19 (Sun) 19:45 | EDIT | REPLY |   
おいちゃん  
◎ライオンKさん

そうですよね。
現場では一生懸命。
でも元受からの仕事は断れない。

アスリートだって協力しなければ引退後のポジションどころか競技生活だって。

悪いのは施設の整備から空港・鉄道・道路の工事まで必要であることがわかっていながら、そしてそのしわ寄せが被災者に及ぶことがわかっていながら誘致をした人間です。

2014/10/22 (Wed) 21:33 | EDIT | REPLY |   
boss  

建設関係の一翼を担っております。
昨年あたりから建設関係の求人びっくりするほど多くなりました。しかし、3年前は学生の就職でとても苦労しました。
不景気ということでリストラを進め、景気が良くなると急に求人をする業界です。
ということは不景気になるとばっさり切ってしまうのでしょうね(前科あり)

2014/10/24 (Fri) 18:44 | EDIT | REPLY |   
おいちゃん  
◎bossさん

建築の未来を支えるお仕事でしたね。

2016年まで急激な雇用の増大があるのだろうと思います。
でも期限ははっきりと切れているしブラジルのワールドカップを見てもその莫大な負債が関係者を苦しめる。

雇用増大で採用されても仕事がなくなればリストラが待っているのはもう避けることのできない一本道。

そして震災の復興が遅れる。

選手がスポーツで頑張ることでみんなを応援はわかります。
国の補助ができるならどんどん、と思います。

でも今の建設ラッシュは一部の人間が自分の利益のために弱い立場の人を苦しめていると。

2014/10/27 (Mon) 00:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply