by
  • Comment:0
  • Trackback:0

ある日のことですが食器棚の扉を開けようとすると動きがおかしい。
みると蝶番(ちょうつがい)が割れていました。
外してみると
オリジナル

この厚さでこの材質では強度が足りませんね。
割れたら

30年前の家具についていた部品ですから無いとは思ったのですがお店に。
説明を聞いて無いと言われましたがホームセンターならあるかもとの提言。
ここで初めて部品の詳細を調べました。

確信半分ぐらいですが互換部品の仕様を決めてホームセンターへ。
往復8Km弱の散歩(笑)。
やはり同じものは無く互換の部品、1個234円の蝶番を2個。
買ってきた

こちらは壊れていない蝶番。
機能はおなじはずですがサイズもいろいろ違います。
ちゃんと使えるかどうか心配でしたが。
元の姿

取り外すとこのように。
取り外したところ

取り付けて扉を閉めたところ。
ちゃんと機能しているようです(ホッ)。
新外形

元の蝶番。
まあ、これなら違和感はありませんね。
旧外形

【失敗】
かぶさるタイプの扉なので油断してました。
もう少し取り付けを上に揚げるべきでした。
扉が下板に擦っていました。
ミスった
木ネジとはいえ一度取り付けたら2mm上にあげることは出来ません。
そのうち扉の下部を削るかなあ(笑)。
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 0

Leave a reply