by
  • Comment:2
  • Trackback:0

子供の自転車をみてるとその自転車を購入したとき体に合わせたのだろう目いっぱいサドルを下げていることが多いです。
でも子供の成長は早く踏み下ろした足が90度ぐらい曲がったまま。
ぺダルが上に来た時にはかかとがお尻につきそう。

そんな自転車ではオイル切れでチェーンがキシキシとなっていることが多い。
あんなに膝を曲げた状態で自転車をこぐと膝を痛めるのもありますがもう一つ感じること。

自転車を体に合わせる、つまり
機械を調整する
人生で最初の機会を逃していると思うのです。

身体に合わせればすごく楽に走れる。
そしてオイルを差すことで機会が調子よく動く。

親が教えて子供が自分で試して覚える大事な経験なのに。
大げさかもしれませんが

日本の技術の将来が不安になります。
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 2

boss  
残念ですね

ほんと残念ですね。

サドルを上げるのは子供の成長を実感できるチャンスなのに(^^;)
九州に持ってきた次男坊の日常用MTBは油ぎれでした。こんどメンテナンスします。

2015/03/31 (Tue) 15:50 | EDIT | REPLY |   
おいちゃん  
◎bossさん

>子供の成長を実感できるチャンスなのに(^^;)
あ、ほんとにそうですね。
たくさん得るものがあるお得な作業なのに、です。

親子ともに観察力を得るチャンスを逃して・・・。
日本は大丈夫かと心配です。

2015/04/01 (Wed) 20:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply