by
  • Comment:0
  • Trackback:0

自分のパソコンではなく親戚のものですが修理を依頼されました。

パソコンが動かなくなって起動しなくなったのだけど
これが動くようになればいいけどせめてデータだけで物取りだけさせないかと。
テレビ機能の付いた本体一体型のパソコンでWindowsVistaであることが分かりました。

リカバリー機能が内蔵されているはずだからWindowsが壊れているだけなら出荷状態に戻せるかな。
まあデータぐらいは取り出せると思っていたのですが。

現物を確認したところ状況はかなり厳しくディスク自体が壊れているような気配。
そして外付けハードディスクもありました。
こちらも動かなくなったので何とかならないか?でした。

とりあえずパソコンのディスクを本体から取り外し外付けディスクも分解を前提で持ち帰ります。
開けたところ
まずは外付けディスク。
電源をつないでも起動しません。
触ってみてもディスクが回っていないのでもう分解しかないです。
ここからデータを取り出す
1TBのディスクが内蔵されていました。
機械としては裸の3.5インチハードディスクに下の写真の回路が付いた構造。
それも取り外してハードディスクだけにします。
分解した中身
自分のパソコンにはSATAのディスク3台分のケーブルが付いています。
そこからCドライブ以外のケーブルを使って故障したパソコンのディスクと
外付けディスクから取り出したディスクをつなぎます。
2台を接続
この実験で分かったこと。
故障したパソコンから取り出したディスクはつないだだけでパソコンが立ち上がらなくなること。
外付けディスクに入っていたディスクは問題なく動きデータも取り出せること。

救いたいデータの多くは外付けディスクと聞いたので半分は役目を果たしたのですが
できればパソコンも使えるようにしたいのですがいろいろ問題が。

メーカー修理にだせば数万の出費。
調べてもう6年前のパソコンとわかっているのでそれだけ費用をかけるのは考え物です。

それとBIOSになぜかパスワードがかかっていました。
中古購入のパソコンなのでちょっと怪しいですね。
BIOSリセットのピンもわからないのでこちらも断念。

データだけでも取り出せたということで良しとするかな。
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 0

Leave a reply