by

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おいちゃん
Posted byおいちゃん
by
  • Comment:0
  • Trackback:0

ほかの人のギター写真を見たら心配になってケースから出してみました。
ヤッフーのオークションで入手したのはもう10年以上前かな。
ロックやブルースが弾けるわけでもなく単にこれがほしかっただけ(笑)。

でも結構ほしかった。
そのむかしに。ヘッド
1978年のギターですからねぇ。
音は出していませんでしたがチューナーにつないで出力が出ていることだけ確認しました。
プラグを指すソケットのプレートは最初から割れてました。

まあ、緩みそうにないので手も入れてません。
ジャック

手入れをするにもそれなりに思い切りがいるんです。
ピックガードがついていたのですがビスのヘッドだけとれてしまいました。

中に残ってしまったビスはもう簡単には抜けません。
ほかのビスも手を出したくないところ。
ガード

そうそう、当時このギター、みんなこう呼んでました。

ニセポール

べっ称ではなく愛着を込めてそう言っていたんです。
知り合いの自分のギターに対する”なんちゃってレスポール”という呼びかたにも同じものを感じました。

そう、そのむかし、このギターがほしかった。
ギブソンのギターがほしかったのではなく。

強いてほしいのがほかにもあったとすると人気バンドのそのギタリストがもっていたギターそのものかな(笑)。
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。