by
  • Comment:0
  • Trackback:0

自転車仲間のSNSである人の日記をみて私も実家のレコードを久しぶりに出してみました。

もうすり減っていてプレーヤーがあっても聞くことのできないものばかりですが。
カルメン・マキ&Oz Live
彼女の歌はひたすらかっこよかった。

カルメンマキ&Oz
演奏がどうのこうのなんてあのスリリングなかっこよさの前に関係ありませんね。

カルメンマキ&Oz見開き
ラジオを何気なく聞いているときに紹介された
憂歌団
記憶しているのは鉄工所に勤める仲間が集まってバンドを始めたと。
憂歌団
憂歌団の記憶はほかにも。
当時開催されていた日本ブルースフェスティバルに来日していたジョンスリーピーエスティスの前座として演奏していたこと。
もちろんジョンスリーピーエスティスなんて渋い人のことは先輩に教えてもらって知ったのですが。

この人はハーモニカの人と2人で演奏していたのですが印象に残っているのはアンコールの曲。
おじさん二人が普通に歌う「聖者の行進」
これがものすごくかっこいいブルースになる。

ポカン、と口を開けてFMを聞いていました(笑)。

きりがないのですがもう一枚。
高校の時に友人が聞かせてくれてほしいなあと思っていたのですが
五つの赤い風船「ゲームは終わり」3枚組、70年代の高校生にはかなりの高額商品でした。
五つの赤い風船

自分が購入したのは何年も後だったと思います。
若者に熱気というものがあった時代を懐かしむようなレコードです。

と自分が持ってる渋めのものだけ(笑)。
もちろんミーハーなものもいっぱいありました。
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 0

Leave a reply