by

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おいちゃん
Posted byおいちゃん
by
  • Comment:0
  • Trackback:0

事故や立ち往生が頻発していますが避けられないものでしょうか。

もう30年以上前ですが首都圏が雪に覆われた時による都心部を自動車で走りました。
4WDのライトバンでタイヤもスノータイヤがついていました。
でもそれでどこでも大丈夫、と走り出したわけではありません。

まずは近所の一番積もっているところを走ってこの程度までは大丈夫。
とめどを付けてからです。

まあ、新雪にスノータイヤというのは強力な道具でどこを走っても困ることは
ありませんでした。
それに比べて扁平タイヤ、つまりトレッドが平らで接地面が多いスポーツカー用の
ものは雪の上をそりで滑っているようなもの。

スタックしている車が多かったですがみんな自分でわかってたんじゃないかなあ。
坂の上にある車庫から出てきた人はちゃんと登って帰れることを
試してから出てきたのかな。

アイスバーンになった路面での坂道発進は4wdでも
無造作に操作すると4輪同時に空転しました。

そんな経験というか学習に基づき今自分は自動車で雪道、
もしくは積雪や凍結が予想されるところにはゆかないと思います。

それに30年前の自動車より現代のはもっと扁平なタイヤ付けてますから。
スポンサーサイト
おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。