FC2ブログ
by
  • Comment:0
  • Trackback:0

カセットテープが小さな箱一つ分ぐらいあります。
ラジカセ(CD/MD/カセット/ラジオ)があったのでたまにきいていましたが。

ついに再生できなくなりラジカセは廃棄。
私のところにあるカセットの再生装置は1980年前半にかったミニコンポのカセットデッキだけ。
ミニコンポ自体は廃棄したのですがカセットデッキだけは残してありました。

もう再生装置を購入するより残ったカセットをデータ化した方が便利だと作業開始です。

でもアナログの音源をデータ化、時間がかかります。
そりゃ45分のカセットを読み込むには当然45分かかります。
失敗してやり直すとその何倍かの時間が・・・。

そんな作業を繰り返しているうちにあるとき音が出なくなりました。
私のデッキは再生メカと録再のメカが併設のダブルデッキなので試すと再生メカの方は無事。
でもなんとなく最初のころデータ化したものに比べて音がこもってます。

ヘッドの汚れが原因と思って探したのがクリーニングキットです。
昔は持ってました(いつのころか・・・)。
大きな家電販売店に行きましたが若い店員さんは知らない商品ですね(笑)。

ようやく見つけて綿棒につけてゴシゴシ。
無事、機能復活です。
これ ↓
クリーニングキット
もう自分の目で確認することはできませんが
便利な世の中になりました。
写真にとれば確認できます。
録再メカ
もう30年以上前の機械ですからそれなりに。
そして光ってみえるヘッドなんて錆だらけ。
録再ヘッド
こちら再生専用のメカも30年の年月を感じます。

再生メカ
まあ、大きさも2倍なのでこちらはすこしきれいになってます。
後は回転系のメカがヘタる前にデータ化を終わらせたいと思います。
再生ヘッド拡大
データ化するのは基本的に生放送されたもの。
これは手に入りませんからね。
それに販売されなかったアマチュアの録音。

いまは通販を探せば結構マイナーだったLPもCDで販売されているのですが
きっともう購入することはないだろうなあ。
なんて思うとLPの録音も何本かデータ化。

早めにハードディスクのバックアップを取っておかないと。
スポンサーサイト



おいちゃん
Posted byおいちゃん

Comments 0

Leave a reply